出し入れ簡単見た目もスッキリ!今すぐ試したい本収納の奥義とは

本棚への本の収納の仕方がまずいと、出し入れに手間取ってイライラしやすくなるものです。特に急いでいる時はなおさらのこと、イライラも倍増します。そこで今回は、本の出し入れが簡単にできて、お目当ての本をすぐに見つけられる、そんな本の収納に関するとっておきの奥義ともいえるアイディアをご紹介します。

 ■まずはその前に本の数を減らす

当然ですが、収納する本の数は少なければ少ないほど、出し入れが簡単にでき、収納も楽になります。本を減らすことは、ある意味、本の収納において核心的なプロセスかつ、最難関のプロセスであるといえるかもしれません。

 しかし、このプロセスさえ突破できれば、本の収納はほぼうまくいったも同然です。本の数を減らす方法としては、捨てる、誰かに譲る、売るなどの選択肢がありますが、その中から適切と思えるものを選んでいただければOKです。

  どうしても本を処分したくない場合は、家の中の空きスペースを探して、そこに新たに本の収納スペースを設ける、すなわち、本棚を増やすという発想もあります。

■ジャンルごとに専用の収納スペースを設ける

文芸書のスペース、ビジネス書のスペース、実用本のスペース、専門書のスペースといったように、それぞれのジャンルごとに本棚に専用の収納スペースを設けて固定しておきましょう。出版社ごと、シリーズごとにスペースを固定した方が適している場合もあります。ご家庭の蔵書の内容に合わせて最適な方法を選択しましょう。

 スペースごとにボックスを用意します。そのボックスに本を見出しが見える形で収納していきます。あとは、ボックスごと、それぞれの専用スペースに収納していけばOKです。本棚の中に、ジャンルごとのミニ本棚があるというイメージです。

できれば、料理のレシピ本などは、キッチンに専用スペースを設けてそこに収納する方法がおすすめです。食器棚の空きスペースやシンクの引き出しなどが最適です。

■立てにくい本はファイルボックスにまとめて収納

雑誌類などの薄くて立てにくい本は、ファイルボックスにまとめて収納し、ファイルボックスごと出し入れするようにすると便利です。ファイルボックスが複数必要になる場合は、どの雑誌がどのファイルボックスに入っているのか、すぐにわかるように、それぞれのファイルボックスにラベルと付けておきましょう。

ファイルボックスは、本棚以外でも空いたスペースがあればどこでも保管することができるので、本の収納アイテムとしては、大変に優秀です。

 

■前列の本は空き箱を利用して収納

本棚に奥行があり、本を2列に並べることができる場合は、後列の本がどうしても取り出しにくくなります。その際は、前列の本は、ティッシュボックスなどの空き箱に立てて収納するようにすると、奥の本を取り出すときに、箱ごとどかせることができるので、取り出しやすいですし、探しやすいです。

 この方法はボックスで作るミニ本棚の場合も応用できます。

 

■おわりに

   いかがでしたか?ご家庭にある蔵書の内容や本棚と照らし合わせて、これは使えそうというアイディアを、適宜アレンジしていただければ幸いです。

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事