使い勝手が劇的によくなる!目からウロコの食器収納術

種類が豊富でついつい欲しくなって、買い足しているうちに、気がつくと、あっというまに増えてしまうのが食器ですよね。しかし、食器は、増えれば増えるほど、食器棚の使い勝手は悪くなる一方に。今回は、使い勝手のよさにスポットを当てた食器の収納術をご紹介します。 

 ■食器の数を減らす

 食器でギュウギュウに詰まった食器棚ほど使いづらいものはないですし、窮屈な印象で見た目もあまりよくありません。食器の数は、少なければ少ないほど、出し入れがスムーズになり、使い勝手もよくなります。どの食器がどこにあるのかも把握しやすいですし、空いたスペースを有効活用できます。

 用途がダブっているもの。重くて扱いづらいもの。汚れているもの。欠けているもの。何年も使っていないもの。などがある場合は、これを機に思い切って処分を検討してみましょう。

 

■ファイルボックスでお皿を収納

食器類の中でもお皿は、重ねやすいためについついたくさん重ねがちになりますよね。しかし重ねれば重ねるほど、下のお皿はとりづらくなり、結局、上の方のお皿ばかりを使うことになります。

 それを防ぐためには、お皿を重ねずに立てて収納するという方法が効果的です。立てて収納する方法としては、ディッシュスタンド(お皿立て)を使う方法もありますが、使い勝手のよさを考えれば、ファイルボックスを使う方法をおすすめします。ファイルボックスを使うと、扱いづらい大皿の出し入れもがスムーズになります。皿を傷めないためにはクッション代わりに皿と皿の間に紙皿を挟んでおきましょう。

 

■奥の列の食器の収納にはコの字ラックを

奥行きのある食器棚など、食器を二列に並べて収納する場合、後列にコの字ラックを置いてその上に食器を置くようにすると、前列の食器に隠れることもないため、見やすくて取りやすくなります。コの字ラックの下には使用頻度の少ない食器を保管するように保管しておきましょう。

  

■食生活に合わせて食器をグループ分けする

各ご家庭の食事スタイルや料理の傾向などを考慮して、最も適した方法で食器をグループ分けして、グループごとにひとつにまとめて収納するという方法も使い勝手をよくするのに大いに効果的です。

 グループ分けの方法は、大きさや素材、色柄、形状で分ける方法、朝食用、昼食用、夕食用、来客用で分ける方法、和食、洋食、中華などで分ける方法など、イベント用で分ける方法などがあります。 これらの方法の中からご家庭のスタイルに合わせて最も使い勝手がよいと思える方法を選ぶようにされてはいかがでしょう。

 グループ分けが終わったら、グループごとに収納する場所を決めていきます。例えば、食器棚の1段目にグループ1と2、2段目にグループ3といったように、ご家庭の食器棚の収納スペースに合わせて適切に対応していくことがポイントです。

  

■おわりに

   いかがでしようか?食器棚の使い勝手がよくなることで、結果的に家事にかかる時間と不要なストレスの両方を大幅に削減できます。ぜひ一度お試しになっていただければと思います。

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事