ガンコな汚れもスッキリ落とせる!水垢掃除はクエン酸で解決する方法

お風呂場や洗面所、キッチンのシンクなどの水まわりにつきものなのが、水垢ですよね。水垢は、ほんの少しお掃除を怠っただけで、あれよあれよというまに増えてしまいます。しかも、放置すればするほど、落とすのが大変に。そこで今回は、そんな厄介な水垢の掃除方法についてご紹介します。

 ■そもそも水垢の正体とは?

水垢の正体は、水道水に含まれるきケイ酸と、カルシウムやマグネシウムなどの成分です。これらの成分が蒸発すると別の物質(炭酸塩)に代わってできるのが水垢です。これらの成分は、水の硬度によって成分比が異なってきます。一般的にミネラル分が多く硬度の高い水のほうが、より水垢ができやすくなるようです。

 お風呂場や洗面所、トイレ、キッチンのシンクなどをはじめ、水を使う場所には、すべて水垢がつきやすいです。特にお風呂場や洗面所の鏡についた水垢は、くもりの原因になります。 

■水垢のお掃除には酸が効く?

水垢の汚れは、アルカリ性の性質があります。そのため、同じアルカリ性の洗剤や中性洗剤ではうまく落とすことができません。アルカリ性の汚れは、酸性の洗剤で落とすのが一番です。そこでおすすめなのがクエン酸で作る自家製の洗剤です。ちなみに、クエン酸は、主に柑橘系の果物や梅干し、お酢などに含まれてる酸の一種で、食べても問題ないほど人体に安全です。

クエン酸洗剤は、スプレー容器に水200mlを入れ、そこにクエン酸粉末小さじ1を加え混ぜるだけで簡単にできます。このクエン酸洗剤を、気になる水垢にスプレーして後は雑巾で拭き取りましょう。付着してからあまり時間が経っていない軽度の汚れの多くは、これでキレイにとれます。

みかんの皮でこする、お酢をかけて拭き取るといった方法でも同様の効果が期待できます。

■酸だけでは効かないガンコな水垢の場合は?

長時間放置してしまった水垢の汚れは、クエン酸洗剤だけでは、落としきれない場合が多いです。その場合は、重曹粉末を水と混ぜてペースト状にしたものでこすり落とすととれやすいです。あるいは、メラミンスポンジ、歯みがきなどでも代用できます。

 お掃除の万能選手である重曹ですが、アルカリ性のために、単独で使用しても、水垢にはあまり効果がありません。ただ、研磨剤や消臭効果があるため、クエン酸とセットで使うと優れた効果が得られます。 

 ■水垢をつけにくくするために

水垢そのものをつけにくくすると、お掃除の回数を大幅に減らすことができます。例えば、洗面所やシンクで、水を使ったあとに、s水滴を拭いておきましょう。そうすることで、水垢の発生を防ぐことができます。お風呂場は、換気をよくし徹底的に乾燥させておくことがポイントです。お風呂場に鏡がある場合は、出る時に、さっと拭いて水気をとっておくようにしましょう。

できれば、水道の蛇口や鏡の近くに、いつも乾いた『マイクロファイバー』のクロスを用意しておくと便利です。

■おわりに

いかがでしたか? 水垢は放置すればするほどお掃除が厄介になるため、予防策を実践しつつ、こまめにお掃除するように心がけましょう。クエン酸水を常備しておいて、見つけたときに、シュッとスプレーして一拭きするだけでOKです。

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事