鏡よ鏡キレイにな〜れ!大掃除にやって欲しいピカピカ掃除の極意とは

鏡はお掃除をまめにしないと、すぐにどんよりと曇って、汚れが目立ってしまいますよね。お掃除せずに、放置すればするほど輝きが失われ、いつのまにか鏡本来の役目を果たせなくなってしまう場合も。そこで今回は、鏡をピカピカに磨き上げる、鏡掃除の極意についてご紹介します。 

■まずはメインとなる汚れを見極めましょう

通常、鏡の汚れは、様々な種類の汚れが複雑に混じり合っています。メインとなる汚れは、鏡が設置されている場所によって異なっています。

 お風呂場や洗面台など水まわりにある鏡の汚れのメインは、水垢(水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラルの汚れ)です。そこに、石鹸カスや化粧品の汚れ、汗や皮脂の汚れ、ホコリなどが加わる場合もあります。

 ドレッサーの鏡の汚れのメインは、埃と手垢などの皮脂汚れです。そこに化粧品の油分の飛び散りなどが加わる場合もあります。 

■メインとなる汚れに合わせて掃除方法を選びましょう 

 1.ホコリや皮脂がメインの場合

ホコリや皮脂汚れがメインの場合は、比較的、容易に汚れを落とすことができます。基本的には、洗剤不要で、水拭きしてから、仕上げに、からぶきすればピカピカになります。

その際、雑巾の代わりに新聞紙を使うと、水拭きもからぶきもとてもよい仕事をしてもらえます。新聞紙のインクには、皮脂を吸収する作用と、油膜をはり鏡の光沢を引き出す作用があるためです。マイクロファイバークロス(メガネ拭き)を使っても同様の効果が期待できます。

水拭きだけでは落せない汚れは、重曹水(スプレー容器に水100mlに重曹小さじ1を溶かしたもの)をスプレーして拭きとってみましょう。

2.水垢がメインの場合

鏡の汚れで水垢がメインの場合は、クエン酸水をスプレーして拭きとる方法を試してみましょう。クエン酸水は、スプレー容器に、水200ミリリットルにクエン酸パウダー小さじ1を溶かせばできます。汚れ具合によってクエン酸の量を調整しましょう。

クエン酸水の代わりに、水とお酢を6:1の割合で混ぜた酢水を使用してもOKです。このほかに、歯ブラシに歯みがきをつけて落とすという方法もあります。

 

■小まめに掃除しましょう

これは鏡掃除にかぎらず、すべての掃除にあてはまることですが、日頃から小まめに掃除して汚れをためないでおくことが最大の極意といえるでしょう。鏡の汚れが気になる都度に、サッと一拭きするだけで、長期間、ピカピカの状態をキープできますよ。鏡は、湿気に弱いのでこまめな換気もお忘れなく!

■おわりに

いかがでしたか?風水では、鏡をピカピカにすることは、開運につながるようです。いずれにせよ、鏡がピカピカですと、とても気分がよいものですし、見栄えも数段アップすること間違いなしですよ。ただし、すでに鏡に黒カビができてしまった場合は、鏡に寿命が来ているため、交換を検討されるとよいでしょう。

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事