プロが教える!キッチンのシンクがピカピカにするコツ5つ

キッチンのシンクは使用頻度が高いところなので、ほんの少しお掃除を怠るだけで、すぐにくすんだり、汚れが目立ったりして大変ですよね。今回は、プロ直伝のキッチンをピカピカにキープするコツについてご紹介します。

■コツその1 使用するたびにササッとお掃除

キッチンのシンクは、たとえ念入りにお掃除をしてピカピカにしても、使っているうちにすぐに汚れがたまり、どんよりとくすんでしまいます。汚れをためないためには、毎回、洗い物が終わったら、最後にスポンジに洗剤(台所用中性洗剤)をつけて、ササッとシンクをお掃除する、それこそがピカピカをキープする最大のコツになります。

 お掃除が終わったら、仕上げにからぶきして水滴を取り除いておくこともお忘れなく!

■コツその2 シンクに水滴を残さない

シンクの汚れの大半は、水垢です。水道の蛇口をひねった際に、水が飛び散ってシンクのあちこちに付着し、それがそのまま放置されると、水垢になります。

洗い物以外でも、毎回、シンクを使用した後に、シンクについた水滴をササッと拭いとっておきましょう。この一手間を加えるだけで、大幅に水垢を減らせますし、シンクのお掃除を簡単に済ませることができますよ。 

■コツその3     シンクに最適なお掃除アイテムを選ぶ

すでにくすんでしまったシンクをピカピカにするためには、お掃除に使用するアイテム選びも重要です。シンクのお掃除には、スポンジを使用します。シンクを傷める怖れがあるので、金属たわしやナイロンたわしはNGで、避けるようにしましょう。

 また使用する洗剤は中性洗剤かクリーム状のクレンザーを選びましょう。粒子の洗い粉末のクレンザーは、シンクを傷める怖れがあるのでNGです。これらのアイテムを使用すれば、シンクの気になる汚れをスッキリ落としながら、ピカピカに磨き上げることが十分に可能です。

 洗剤の代わりに重曹とお酢を使ってもOKです。その際は、スポンジに重曹を含ませて磨き、その後、ぬるま湯にお酢を垂らしたもので拭いていきます。またシンクにクエン酸水(水200mlにクエン酸を小さじ1杯の割合で溶かしたもの)を吹きかけて拭き取るという方法もおすすめできます。

 ■コツその4      節目に沿って均等の力で磨く

シンクの表面には、ヘアラインと呼ばれる筋状の節目が存在します。その節目に沿って、平行に磨くようにしましょう。節目に逆らわず、部分的に強く力を入れずに均等に力を入れて磨くことがポイントです。

磨き終わった後は、洗剤を水で洗い流して、しっかりと水滴を拭き取っておくこともお忘れなく。

 ■コツその5     仕上げにオイルコーティング

仕上げに、サラダ油(オリーブオイルなど)を少し含ませた布でシンクの表面をオイルでコーティングしておくと、光沢が出て、ピカピカにできるだけでなく、汚れもつきにくくなります。

 ■おわりに

 いかがでしたか?キッチンのシンクがいつもピカピカだと、とても気持ちがよいものですよね。コツを押さえて、いつでもシンクのピカピカをキープできれば、お料理のやる気度も倍増すること間違いなしですよ。

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事