ゴチャゴチャするおもちゃが驚くほどスッキリする収納のコツ

子どもの成長とともに増えていくおもちゃの「量」。買った、もらった、おまけ……などなど。増えたぶん、とりあえず空いている「場所」に棚やカゴを足すことで乗り切るやり方はいずれ限界を迎えます。散らかしても簡単に片づけられるおもちゃ収納に作り変えませんか?子どもをおもちゃ整理に巻き込むコツもお伝えします。

■おもちゃ収納のNGサイン、出てませんか?

片っ端からカゴの中身をぶちまけられ、リビングは一瞬でおもちゃの吹きだまりと化してしまう……そして全然片づけてくれない。大変な思いをして戻しても、次の日にはまた同じことの繰り返し。つらいですね。

おもちゃの吹きだまり化したリビングをため息とともに片づけながら(……どこに入れようかな)と一瞬でも手が止まること、ありませんか?それはおもちゃ収納の最大NGサイン。おとなだって迷うのに、子どもが片づけられるわけがありません。スペースに何か問題があるしるしです。

おもちゃ整理「まずは子どもに聞いてみよう」は失敗の元!

「全部いる!捨てちゃダメ!」と全力で抵抗されたり「この入れ物がいい」など思わぬこだわりに手を焼いたり……。親がビジョンを持たないままおもちゃの整理を始めると、間違いなく子どもの言い分に振り回されてヘトヘトになります。

子どもの意思を尊重することと、言い分をそのまま飲むことは全く別物です。親が「量・しくみ・場所」の原則を理解しておもちゃ収納づくりをリードする……ここさえブレなければ必ずうまくいきます。

子どもを巻き込みつつ、ワクワクさせつつ、スッキリしたおもちゃコーナーを作るための4ステップ、見ていきましょう。

親がリード!スッキリ収納するおもちゃコーナーの作り方4ステップ

1.親目線の「量」のコントロール

いろんなレイヤーのモノが混在しているので親目線でざっと以下5種類に分類します。

『レギュラー』:今ブームでよく使っているモノ

『スペシャル』:親子で、もしくは家族が揃ったときにだけ使うモノ

『控え』:下の子のためにとっておく、上の子はもう使わないモノ

『戦力外』:捨てる前提で、気まぐれに思い出す可能性を考えいったん保管するモノ

『引退』:迷いなく「もう捨ててもいい」と感じるモノ

【画像1】藤井_おもちゃ収納.jpg

メインのおもちゃ収納に残すのは原則『レギュラー』のみ、ゆとりがあれば『スペシャル』まで。『控え』『戦力外』に分類したものは別の場所で保管します。これだけでぐっと量が減り、気が楽になります。

【画像2】藤井_おもちゃ収納.jpg

2.子どもの仕分け体験

『レギュラー』の中で特に気に入っているものを選んでもらいます。既に量はある程度絞れているので、減らすことを強いる必要はありません。それよりも「お気に入りを自分で選んだ」という体験が大事。うまく進めるには子どもへの声掛けがポイントです。

×「要らないものは捨てなきゃいけないよ。この中からもう使わないのを選んで」

◎「●●ちゃん/●●くんが特に大好きなおもちゃを、遊ぶときすぐ出せるようにしたいの。この中からお気に入りを選んで」

このとき以下の23も同時に進めて「ほらね、ここにこうやって入れるんだよ」と見せてあげられると、ぐんと説得力アップです。最初は「全部いる!」だった子も「これはいらない」と前向きに仕分けしてくれるようになります。

3.親が見守りやすい「場所」におもちゃ&絵本コーナーを固める

おもちゃ収納があちこちに分散したままでは、使った後どこに戻せばいいのか迷う、遠くて戻すのが面倒になる、自分のスペースという実感が湧きにくいなどのデメリットが生まれます。以下の条件に合った場所1箇所に思い切ってまとめましょう。

・親の目線が届く場所

・できるだけ通路や大人のくつろぎスペースと重ならない場所

4.子ども目線での使いやすさを踏まえて「しくみ」を作る

小ぶりな家具やカゴを使う、不要になった大人の家具を流用……おもちゃ収納は大人の目線や事情で作られ、子どもの使い勝手に合っていないケースが多いように感じます。だから子ども自身が片づけにくい。

年齢なりの背丈、目線、ちから、判断能力に合っているしくみにするのに何をどうすればよいか?こういう視点を持つとわかりやすいと思います。

★見えないおもちゃは忘れてしまう

★きちきちに詰め込む作業は難しい

★箱に戻す作業は難しい

これは一例ですが、おもちゃ収納のしくみはこういったシンプルなものが良く、収納の仕方も「ざっくり」ルールが基本です。

【画像3】藤井_おもちゃ収納.jpg

おもちゃ収納改善の4ステップ、いかがでしたでしょうか?まずは歴代のおもちゃをざっくり分けるところから始めてみてください。意外とあっさり量が減らせて、それだけでも気持ちがだいぶ楽になりますよ。

「子どもが思いきり散らかして思いきり遊ぶ姿」を気持ちよく受け入れられる心のゆとり、ぜひ手に入れてください。

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sea(しー)
「家を家族の安全基地に」をモットーに長年のサービス経験を活かして、主婦を”しながら”はたらくことができる家事代行マッチングプラットフォーム「タスカジ」で活動中。整理収納アドバイザー1級/育休後アドバイザー/NPO法人tadaima!理事 タスカジさんとしてのお仕事レビューはこちらから⇛http://taskaji.jp/user/profile/2551

関連記事