ワーママ子育て仕事両立で、仕事辞めたいときの気分転換方法5つ

■その1.仕事の悩みを人に話してみる

ネガティブな思考になっているときは、一人で考えているとなかなか頭の中が整理できず、分かっていてもマイナス思考に陥ってしまう場合が多いです。そんなときは誰かに話をしてみましょう。

信頼できる人に自分の話を聞いてもらうと、ストレスを解消できることがあります。

不満に思っていること、不安に感じていることなどを口に出すことで気持ちが落ち着き、話しながら自分の中で気持ちを整理できます。

一人で考え込んでいるよりも、誰かに話をしてみるだけで気分転換になりますよ。

  

■その2.自分にご褒美をあげてみる


毎日頑張っていると、モチベーションが下がってきますよね。自分の仕事がきちんと評価されないと、なおさらやる気はでません。やる気を維持するために、自分にご褒美をあげている人は多いですし、おすすめの方法です。目的を達成し、ご褒美を与えられるという行為は、やる気の出る脳内物質のドーパミンが増えることにつながります。

頑張った後には買い物をするのも良いですし、エステや温泉に行くのも良いですね。小さな目標を自分で決め、達成したら自分にご褒美をあげると、「また頑張ろう!」という気持ちにもなれますし、気分転換にもなりますよ。

  

■その3.旅行に行く

大がかりな旅行ではなく、プチ旅行がおすすめです。時間はたっぷり余裕を持って、少し遠出するくらいの距離で出かけると良いです。

そこまで遠くに行かないので移動時間も疲れませんし、何かあれば帰ることができるという距離は魅力です。時間に余裕ができることで、帰りに渋滞にはまってイライラするということもありません。

プチ旅行なので準備も楽です。旅行は普段の生活からは離れられるので、知らない景色や物に触れることで心がリフレッシュできます。乗ったことのない路線の電車に乗るだけでも非日常感を味わえますよ。

 

■その4.美味しいものを食べる

気分転換したいときに、手軽にできることの一つです。おしゃれなお店でランチをしてみたり、いつもは行かない高級なお店に行ってみたり、美味しいものを食べると幸せな気持ちになりますよね。心も体も癒される気がします。特に食事は健康の基本です。疲れているときこそ、適当になりがちな食事を見直して美味しいものを食べてみるのはいかがですか?

仕事と子育て両立で嫌な気分になったときには、エネルギーを充電して気持ちをリフレッシュしましょう。

 

■その5.泣いてスッキリする

泣くことがストレス解消になるということは、実は科学的に立証されているのをご存知ですか?泣くとβエンドルフィンが分泌され、安心感や気持ちの良い感覚が引き起こされます。さらに、副交感神経の働きが活発になるので、リラックスすることができます。

心のデトックスを行うために、泣ける映画を見たり、感動する本を読んだりする人もいます。

数分泣くと、一週間も効果が持続するそうです。仕事と子育てでもやもやした気持ちのときには、映画を見て思いっきり泣いて、スッキリすると気分も変わりますよ。

■おわりに

ストレスを感じない職場はなかなかありませんよね。どうしても不満や悩みが出てきてしまいます。気分転換の方法を見つけ、自分で上手にストレスと付き合う術を身に付けると、仕事のストレスを溜めずに済みます。

仕事と子育て両立して働く以上は、ストレスを解消するスキルも必要になっていきます。もう仕事を辞めたい!と思ったときには、ぜひ紹介した方法を試してみてください。 

 

 

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事