あなたは家事手伝いだった?当てはまる人の特徴4つ

■家事手伝いの定義ってあるの?どんな人が家事手伝いに当てはまる?

「家事手伝い」というと様々な意味に使われていて、定義がわかりづらい印象があります。家事を手伝っているとはどういうことなのかも不明ですし、働かずに家にいる人が職業を名乗る時に使われるていたり、そもそも経歴(キャリア)としてどのように表現したりすればよいかも悩むところだと思います。

働かずに家にいる人が、職業を名乗る為にある言葉のようにも感じます。「家事手伝い」の本来の意味は、

“1.母親がいない、病に臥っている、仕事が多忙であるなどの理由から、母親に代わって家事全般を取り仕切っている。

2.親が家族経営の自営業を営んでおり、親の仕事を手伝っている。

3.家族の疾病や老齢に伴う世話が必要で介護をしている。

4.兄弟が多く、年長の(イメージとしては女性)者が、親に代わって弟、妹の面倒を見ている。”

引用元:wikipedia|家事手伝い

とwikipediaでは定義されているようです。

家事を主として担当している家族が家事を実施できないときの代理というだけでなく、家族のために家事を主として担当している場合も含まれています。定義に照らし合わせると、働かずに家にいる人が、職業を名乗るのは間違った使い方のようです。実際、厚生労働省の定義では、普段の生活で主に家事を行っている場合は、「ニート」に含めない、としているそうです。

■家事手伝いって履歴書に書けるの?

結論から言うと、家事手伝いは経歴(キャリア)として書いても評価されにくいのが現状です。その理由として、外でも家の中でも役割をこなさずに過ごしていると混同されてしまうケースが多いようです。現状では残念ながら家事手伝いの経歴(キャリア)が正確に評価されづらいのが現実です。  

そこで対策として、きちんと家事手伝いで具体的にしていた仕事の内容を記載するのがポイントです。長期間、職歴に空白があると企業側は、「すぐに辞めてしまうのでは?」「社会生活に向いていないのでは?」「なぜ長い間働いていないの?」というマイナスイメージを抱くので、きちんとその理由を説明する内容にすることが大切です。

 

■おわりに

いかがでしたか?謎の多い「家事手伝い」ですが、きちんとした定義があるようです。「家事手伝い」に対する疑問が世間にもあり、職歴(キャリア)として正しく評価されていないことが多いですが、家事代行で仕事をするうえでは、評価され時給もアップする仕事になります。家事手伝いの仕事してみたい方は、挑戦してみてはいかがですか?

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

関連記事