伝説の家政婦志麻さんが語る、タスカジさんとしての働き方

沸騰ワード10やタスカジ公式レシピ本などで、「伝説の家政婦志麻さん」として色んなところに引っ張りだこの志麻さん(しまさん)に直撃インタビュー!以前の職場との違い、タスカジさんならではのやりがいなど志麻さん(しまさん)が本音を語ってくれました。

志麻さんインタビュー4.png家事代行の仕事を始めたきっかけ

ー以前は、フランス料理のレストランで働いていたとお聞きしましたが、フリーランスとして家事代行のお仕事を始めるきっかけは何だったのでしょう?

結婚してから、家事があり時間的、体力的にも独身時代と同じように働けないとは思っていたのですが、前職であるフランス料理の仕事には関わっていたいという思いがずっとありました。それで調理場以外で何か料理に関われることがないかと探していたところ、たまたまインターネットでタスカジのサービスを見つけたんです。

ーそうだったんですね。志麻さん(しまさん)に見つけてもらえて良かったです(笑)フリーランスで働くことや独立することに対して不安はなかったですか?

私は楽観的な方なので、不安よりも自由に働けるのが嬉しいという方が大きかったです。自分で自由に働く時間を調整できるのはいいですね。

ータスカジでは、自分が働きたい日時を登録して、その日時で依頼者さんとマッチングさせる形になっているので、自分の予定を優先しながら働けるというのはタスカジの強みの1つかもしれません。志麻(しま)さんもそこに惹かれたんですね。

お仕事を実際に始めてみて

ー始める際に不安はなかったとのことですが、タスカジさんの志麻(しま)さんとして働き始めてみて以前の仕事場との間に違いはありましたか?

どちらも自分の好きなことなので苦だというわけではないんですが、気持ちの持ちようが違いますね。飲食店なので当たり前なのですが、以前の仕事場では「店の料理を作らなくていけない」という義務感があったし、朝から晩まで調理場の中で生活していて、多くの人と密なコミュニケーションをとる機会があまりなかったです。そうすると、やっぱり気持ちはふさぎ込んじゃいますね。

一方、タスカジさんとしての仕事は、今までのように義務感ではなく、自分が「こうしたらいいな」をそのまま表現できたり、自分の料理を作れたりするので、すごく楽しく料理ができますし、自分の移動レストランみたいな感じで自由だなと思います。依頼者さんもその料理に対して美味しいと言ってくれたり、作り方を聞いてきたりして、そういうのはやっぱり嬉しいですね。調理場にこもっていた頃は体験できなかったことです。

ーやっぱりお店の厨房で調理するのと、依頼者さんのお宅で料理するのでは自由度が違うんですね。反対にタスカジさんとして戸惑ったことは、ありましたか?

レストランで働いていた頃と違って、タスカジでは家庭的な料理のリクエストも多く、フランス料理だけを作っていればいいというわけじゃない、ということに最初戸惑いましたね。フランス料理からどんどん遠ざかっちゃう気がして。

でもすぐに、「フランス料理を教えてください」とお願いされて一緒に作ったり、家事と仕事のスキマ時間でフランス語やフランスの家庭料理を勉強できたりするので、全然フランス料理から離れた気がしないですね。

調理師時代は、拘束時間が長くて、「もっと勉強したいことがあるのに、時間がない」というのがすごくありました。今は好きなことをやりながらお金をもらって、かつ自分の好きなことを勉強できて、という感じですごく楽しいです。

ー志麻(しま)さんにとって、フランス料理はとても大きな存在なのですね。

とは言っても、やっぱりフランス料理以外の料理を頼まれることもたくさんあります。今まで作ってこなかった種類の料理も作るようになりました。でも、それがきっかけで料理に対して色んなことを貪欲に学ぶようになりました。本で調べたり、インタ―ネットで調べたり、学生時代に使っていたノートを引っ張り出してみて、「こんなことをやっていたんだ」と思い出に浸ったり(笑)

ーこんなに大活躍されている志麻(しま)さんの裏には、料理に対しての貪欲さが隠されていたんですね。

志麻さんインタビュー3.png

さいごに

ータスカジさんとして働く中でのやりがいを教えてください。

一番は自分で自由に働く時間を調整できることです。調理師時代は夏と冬に1週間ずつしか休みがなくて、そこにも仕込みが入ってしまって、ゆっくり休めることがありませんでした。タスカジさんとして働き始めて、初めて2週間休みが取れました。

あと、依頼者さんと直接顔を合わせて、自分が作った料理の感想を聞けたり、色んな話をする機会が持てたりするのは嬉しいですね。今までは、朝から晩まで調理場の中で生活して、毎日同じスタッフとしか話をしなかったので、全然違います。

ーフレンチレストランの調理師からフリーランスとしての家事代行お仕事にキャリアチェンジした志麻さんは、自分の大好きなフランス料理を勉強しつつ、「自分のこうしたらいいな」をそのまま料理に生かしていました。自分で選べる働き方、依頼者さんからの直接の「美味しい」の声もやりがいになっているようですね。

今回取材にご協力いただいた志麻さんの
タスカジプロフィールはこちら

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
有村奈津美
早稲田大学4年生。株式会社タスカジでインターン中で、助家事サイト運営スタッフです。家事を仕事にしているタスカジさんのリアルな声、時短料理や作り置きなど、主婦お役立ち情報をお届けします。

関連記事