自分のペースで働ける、普段の家事が感謝される仕事に?!

家事を仕事にするって実際どうなの?家事代行の仕事を始めたきっかけ、仕事を通してのやりがいなど、主婦でタスカジさん(ハウスキーパーさん)として働くAyumiさんが、家事を仕事にするというのはどういうことなのか、ありのままを語ってくれました。

スクリーンショット_2017-08-01_18.40.23.png家事代行の仕事を始めたきっかけ

ーお子さんができてからは専業主婦だったとのことですが、お仕事を始めるきっかけは何だったのでしょうか?

ちょうど下の子が中学に入ったので、なにか始めたいというタイミングに、家事代行のお仕事をしている友達から話を聞いたことがきっかけです。その時に、「普段の主婦って何をやっているの?」と聞かれて一日の流れをそのまま話したら、「それがそのまま仕事になるんだよ、求めている人がいっぱいいるよ」と、「働いているママたちはそれができなくて困っているんだよ」と言われて、資格も特にいらないし、それが仕事につながるならやってみようかなって。

ーなるほど。数あるハウスキーパーのお仕事の中から、なぜタスカジのサービスを選んだのですか?

タスカジに話を聞きに行った時に、掃除やお料理などいつも自分があたりまえのようにやっている家事がそのまま仕事になる、と言われて、それなら私にもできるかもと思いました。以前、大きな家事代行サービスでハウスキーパーとして働いている友達から話を聞いたことはあったんですけど、その時は大手で働くのは私にとって看板が大きすぎるしルールが厳しいんじゃないか、と心配してしまって......タスカジだと内容が幅広く、自分でお仕事内容を決められるし、担当を勝手に決められることもないところがいいなと思います。

ーそうだったんですね。確かにタスカジではタスカジさんは皆んなフリーランスとして働いているので、働く日時や場所、自分の担当する内容も全部タスカジさんが選べるのは大きいかもしれませんね。

お仕事を実際に始めてみて

ーお仕事を始めた頃は、やっぱり不安もありましたか?

最初はすごく緊張しました。全く知らないお宅でお料理をしたりお掃除したりということが。コンセント1つにしても「コンセントを差して飛んでしまうかもしれない」「これ全部差しても大丈夫なのか」「これはここにさして使うというルールがあるのか」のように最初は個々の家のルールを把握するのに、時間がかかっていたように思います。

最初の頃は、時間内に最初約束していた作業内容を全部終わらせられない時もあって、その時は依頼者さんと最後の5分くらいで、「ここまでやってほしい」「これは自分でもできる」という会話を何度かしました。全部やり切れなかったことに本当にこれでいいのかと思ったんですけど、レビューもきちんと書いてくれてて「これで良かったんだ」と思えました。勇気が必要でしたけど良かったです。

ー今はすっかり活躍されているAyumiさんでも上手くいかない時期もあったんですね。慣れるまでには、どれくらい時間がかかったんでしょうか?

週に1、2度だったので他の方より少し時間がかかったかもしれません。半年間は、行くたびに頼まれる仕事の内容が違っていたこともあり、小さな失敗もありましたが、一通りやってしまうと次は2度目になるので、前回の失敗から学習するようにして慣れていきましたね。

ー同じ失敗は繰り返さないというのはさすがです。具体的にはどういった失敗があったのでしょうか?

洗わなくても良かったものを洗濯して、時間オーバーしてしまったり、余裕がなくなったり、お料理が焦げてしまったりしたこともあります。あと毎回訪ねるお宅によって、調味料や調理器具が違うことで戸惑うこともありました。

ーそれぞれのお宅に合わせてというのは大変ですよね。そこはどうやって克服していったのでしょうか?

調味料や調理器具は家に帰って自分で調べて「こういう風に使うんだ」と勉強しました。それと、自分の主婦業の時間を計るということが今までなかったので、3時間という時間の枠で組み立てて初めて、これに何分かかるといったことや自分の欠点も見えてきました。依頼者さんのおかげで自分の家事レベルも上がってきてるなと感じます。

ーAyumiさんのお仕事に対する熱心さが今の依頼者さんからの満足度の高さに繋がってるのかもしれませんね。お仕事をする上で、依頼者さんとコミュニケーションを取る中で意識しているポイントがあれば教えてください。

自分からガツガツ話さないようにというのは、気を付けています。また、人のお宅でお仕事をするというのは、相手からしたら他人を家に入れているわけなので、些細なことでも目につく人は目につくと思います。毎回電気使うのがあたりまえじゃなくて、家電を使うことやゴミ袋を使うことはしっかり事前に確認しています。定期の依頼者さんであっても、親しき仲にも礼儀ありって感じのことはしっかりしようと思っています。

ー定期の依頼者さんでも適度な距離感を保たれているんですね。普段はどのような働き方をされていますか?

フルタイムではなく、週1回くらいで働いています。親戚の子供を預かることがあったり、母と同居していて病院に行ったり、主婦とは言ってもやることはたくさんあるので、自分の好きなペースで働けるのがありがたいです。自分の家庭のこともできた上で、空いた時間は外に出て働けるというのは、すごく助かってますね。

ーAyumiさんは自分に合ったペースで長くお仕事を続けられていますよね。今までのお仕事の中でやりがいを感じた経験があれば教えてください。

これまで主婦として、あたりまえのこととして身につけてきたことがお仕事において喜ばれて感謝されることが、驚きです。普段家事をやっていても、家族からは感謝の言葉は言われないのに、依頼者さんから「タスカジさんが来る日を子供も楽しみにしている」というレビューをいただいたり、「タスカジさんのおかげで、本を読む時間ができてスキルアップできた」など言われたりすると嬉しいし、やりがいになります。「次はこうしてみよう」とか「ここでとまらないで開拓してみよう」とか思います。

さいごに

ー家事代行の仕事をメディアでみたとかで興味はあるけど私にできるか悩んでいる人にメッセージがあればお願いします。

あゆみさんインタビュー.JPG

家事のレベルは普通でいいんです。始める前は家中をピカピカにしないといけないのかと思っていましたが、依頼者様は完璧よりも、日々の家事を幅広くしてほしいと思っていたのは意外でした。私も高いスキルを求めず普通を求められているから、続けられるかもしれません。依頼者さんはあたりまえのことを求めていることが多くて、野菜1つでも洗うのは面倒でそれ1つでも喜ばれることがあります。主婦の経験から、気になるところが分かるというのは仕事の中で生きています。

自分のやりたいことを仕事にできるっていうのがタスカジの魅力ですね。多様性というか。実際のお仕事のスキルだけでなくコミュニケーションや人柄も含めて相性があるのでユーザーさんと同じようにタスカジさんもいろんな人がいてくれるのがいいと思います。

ー主婦としての経験を生かして、家事全般を担っているAyumiさんならではのメッセージですね。ありがとうございます。最後に今後の目標などあれば、教えてください。

私は、周りに沢山優秀なタスカジさんがいらっしゃる分、主婦レベルの家事であたりまえのことを幅広くできるというのもいいのかなって思います。それをアピールできるといいのかなと。他のタスカジさんに追いつこうと思っても追いつけないし、頑張っても失敗して信用が下がってしまうだけなので、見栄張ってしまうのは避けようと思っています。できないことはできないって最初に言ってしまいます。難しいイタリアンはできないけれど、イタリアンでもソースの名前がわかると、帰ってから作ってみますねって言ったりして。

ー家事代行のお仕事未経験のAyumiさんでもやりがいを感じながらお仕事を続けられるのは、背伸びをせず普段通りの家事を行ったり、自分に合ったペースで働いたりといったところにあったんですね。

本日取材に協力いただいたAyumiさん
タスカジプロフィールはこちら


【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
有村奈津美
早稲田大学4年生。株式会社タスカジでインターン中で、助家事サイト運営スタッフです。家事を仕事にしているタスカジさんのリアルな声、時短料理や作り置きなど、主婦お役立ち情報をお届けします。

関連記事