こまめに掃除が時短に繋がる!?ハンディ掃除機のメリット・デメリット

■ハンディ掃除機のメリット

少し前までは吸引力が弱いと言われていたハンディタイプの掃除機も、最新の機種は吸引力も高くなっています。小さくて持ち運びにも便利なハンディタイプの掃除機のメリットと言えば、やはりコードレスという特徴です。充電する手間はありますが、掃除が終わった時についでに充電しておけば、必要な時にまたすぐ使えます。どこでも気軽に掃除できるのはハンディタイプならでは。

車のシートに掃除機をかけたい時にも便利ですし、1階を掃除した後に2階を掃除する、なんて時にもコードの差し替える手間が要りません。掃除機をかけながら階段を上って2階まで上がれるので、途中でコードを抜きに行かなくても済みます。掃除中にコードが足に絡まることもないので邪魔になりません。

小さなことですが、一つでも面倒なことが減ると掃除がはかどりますよね。もう一つのメリットは省スペースということ。使わない時にもコンパクトなので場所を選びません。デザインもスタイリッシュなものが多いので、見える場所に置いておいても、部屋の雰囲気を壊しません。 

■ハンディ掃除機のデメリット

ハンディタイプの掃除機にはゴミの捨て方が2種類あります。紙パック式とダストボックスです。

紙パック式は紙パックごと交換し、フィルターのお手入れが必要ありません。ダストボックスが付いているタイプはダストボックスからそのまま捨てることができ、紙パックは必要が無いのでコストはかかりませんが、フィルターをこまめに掃除する手間がかかります。

ハンディタイプの掃除機は、キャニスタータイプの掃除機よりコンパクトです。コンパクトな分ゴミを集めて置く場所も小さいので、どちらもゴミを捨てる頻度が多くなります。できるだけゴミを触りたくない人には、ゴミを捨てる機会が多いのはデメリットになりますね。

もう一つのデメリットは充電時間です。うっかり充電を忘れてしまうと、使いたい時にすぐに使えないので不便です。一回の充電で使用できる時間などを予め確認してから購入し、充電を忘れないようにしましょう。

■ハンディ掃除機で時短するコツ

コンパクトで動きに自由が利くところがメリットのハンディ掃除機ですが、このメリットを普段の掃除で活かすと、掃除の時間を短く済ませることができます。普段の家事の中で、なんとなく掃除を後回しにしていませんか?忙しいと、「後でまとめてやろう」「時間がある時にしよう」と後回しにしてしまいがちです。

でもこまめに掃除をすることで、全体的には掃除をする時間を短くすることができます。気が付いた時にすぐ掃除機を出してかける、これがなかなか難しくて取り掛かれないことがありますが、すぐ手に取れる場所にハンディ掃除機があるとクリアできます。掃除機を出してきて、コードをさして、という手間が省けるので気軽に使えますね。

汚れや埃は溜まってしまうと、掃除するのに時間がかかりますよね。汚れが溜まった場所を掃除するのは、気持ちも構えてしまい億劫になりがちですが、短い時間で毎日掃除機をかけることで、埃が溜まらず綺麗な状態が保てます。コンパクトなハンディ掃除機は、狭い場所の掃除にもぴったりなので、大きな家具を動かさなくても隙間を掃除できます。

ソファーの下、家具と家具の間など、スーッと掃除機が入り込んで埃を吸えるのは便利ですね。こういった、ハンディ掃除機の手軽に使える面が、掃除の時短に役立ちます。 

■おわりに

いかがでしたか?デメリットもありますが、ハンディ掃除機には使いやすいメリットがあります。一度使い出すと、便利で手放せなくなる人もいるそうですよ。掃除の時間を短くしたいと考えている人は、一度ハンディ掃除機の購入を検討するのも良いと思います。様々なメーカーから色んなタイプの掃除機が出ているので、自分に合った掃除機を探してみてください。

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事