仕上りにも大満足!アイロンを簡単に美しくかけるコツ

何かと面倒に感じるアイロンがけ。思うような仕上がりにならずにお困りの方もいらっしゃることでしょう。しかし、ちょっとしたコツを押さえるだけで、簡単に美しく仕上げることが可能に!そのコツいついて、これから詳しくご紹介します。

■コツその1 可能な限りシワを伸ばして干す

意外と盲点なのですが、アイロンを簡単に美しくかけるコツとして、絶対に外せないポイントになります。当然といえば当然なのですが、衣類のシワは少なければ少ないほど、アイロンがけは断然楽になります。極端な話、うまくシワを伸ばして干すことができれば、アイロンがけが不要になるくらいです。

また、ワイシャツなどのシャツ類は、洗濯の際に、洗濯ネットに入れて、脱水時間を短めにしてから干すと、さらに効果的です。 

■コツその2 アイロンをかける前に衣類を湿らせる

アイロンをかける衣類は、完全に乾ききっているよりも、多少湿り気が残っている方が、アイロンをかけた際にシワが伸びやすいです。 

可能であれば、アイロンをかけたい衣類だけ、完全に乾く前に取り込んで、アイロンをかけるようにしましょう。完全に乾いた衣類にアイロンをかける場合は、霧吹きを使って湿らせてからかけることをコツとして押さえておきましょう。 

■コツその3 アイロンをかけるかける前に衣類を平らにならす

アイロンがけを簡単かつ美しく仕上げるために、最も重要なコツになります。アイロン台に衣類を置いたら、いきなりアイロンをかけずに、その前にアイロン台の表面に衣類を密着させるように、手で平らにならすようにします。そうすることで、アイロンを動かす際にシワになりにくくなります。 

平らにならせたら、さらにシワにならないように、片手で衣類を引っ張るように押さえてから、アイロンをかけるようにします。 

■コツその4 起点と終点を決めて往復させる

アイロンがけを美しく仕上げるためにはアイロンの動かし方も重要なポイントになります。最初に、起点と終点を決めて、まずは起点から終点を目指してまっすぐにアイロンをかけます。この際アイロンをジグザグに動かすのは、シワになりやすいのでNGです。終点につくと、折り返して、同じ要領で起点を目指し、まっすぐにかけます。通常の場合、一往復すればこれでキレイにシワを伸ばすことができます。

もし、シワがまだ残っている場合は、シワの部分にアイロンをかけぎゅっと力を入れる要領で伸ばしましょう。 

また、アイロンは、重心を後ろにして、アイロンの先端を心持ち浮かせるようにすると、スムーズに動かすことができますよ。 

■コツその5 アイロンがけが終わった後はハンガーにかける

アイロンがけが終わった直後の衣類は、熱や蒸気がこもっています。すぐにたたむと、ヨレやシワを招きやすくなるので、ハンガーなどにかけてしばらく置いてから、畳むようにしましょう。 

 

おわりに

   アイロンを簡単に美しくかけるコツについてご紹介しました。ご理解いただけたでしょうか?簡単に試せるものばかりなので、これを機にぜひコツを押さえてアイロンがけにチャレンジしていただければ幸いです。 

ライター:sion

 

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事