やっぱり必要それとも不要?洗濯パンを置く理由について

多くのご家庭の洗濯機置き場に設置されている洗濯パン。当たり前のように設置されているだけに、洗濯パンを置く理由については、よくわからないという方は、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?そこで今回は、そもそも洗濯パンは何のために必要なのか?その理由についてご紹介します。

■洗濯パンを置く理由1   水漏れを防ぐ

洗濯機パンを置く最大の理由になるでしょう。洗濯パンを、洗濯機の排水ホースと床に設置されている排水口の間に設置することで、万が一、何かのトラブルにより、水漏れが発生した場合、その水を受け止めることができます。

水漏れが起きた場合に、洗濯パンがないと、床がすぐに水浸しになって後始末が大変になります。また、集合住宅にお住まいの場合は、それだけにとどまらず、水漏れが、階下の住宅にまで影響する心配も出てきます。

水漏れを招くトラブルとしては、主に、洗濯機から排水ホースが外れる、排水口が詰まって流れず逆流する、などが考えられます。どちらのトラブルも十分に想定内です。そのため、転ばぬ先の杖として、洗濯パンは置かないより置いた方が、安心度が高くなることだけは確かです。 

 

■洗濯パンを置く理由2  結露から床を守る

通常、洗濯パンは、浴室の近くに設置されています。浴室の血かうは、湿気やこもりやすく、結露が発生しやすい場所でもあります。結露が生じた場合、洗濯パンが結露を受け、床が直接結露によるダメージを受けるのを防ぐ役割が期待できます。 

洗濯パンがないと、床は、直接結露によるダメージを受けるため、その分、カビの発生や腐食を招きやすくなるようです。

■洗濯パンを置く理由3   振動音をやわらげる

洗濯機は、稼働中、相当に大きな振動音が生じます。洗濯機の中でも、ドラム式洗濯機は、ドラムを回転させ、洗濯物を持ち上げて落とすという「叩き洗い」になるため、特に振動音が大きくなります。 洗濯パンを置くことで、クッション代わりになり、その振動音を和らげることができます。 

洗濯パンがないと、洗濯機の稼働中に、大きく振動することになります。集合住宅の場合は、その振動音が階下にまで伝わってしまう心配が出てきます。日中はさほど気にならなかったとして、夜間に洗濯する場合は、騒音トラブルを招く心配が出てくるでしょう。

 

■洗濯パンを置かない理由も!

洗濯機周りの掃除がしづらいという理由から、あえて洗濯パンを置かない、洗濯パンを外した、というケースも最近は増加傾向にあるようです。 

洗濯機周りを掃除せずにいると、排水口を詰まらせ水漏れを招くリスクが増大します。洗濯パンが洗濯機周りのお掃除のネックになっているとしたら、洗濯パンを置かないことは、排水口の詰まりによる水漏れを防ぐための選択肢のひとつには、なりそうです。 

洗濯パンを置かないことで、洗濯機周りをこまめに掃除できるようになれれば、排水口を詰まらせて水漏れを招くリスクは軽減されます。

  

おわりに

  洗濯パンを置く理由についてご紹介しました。いずれにせよ、水漏れを防ぐためには、洗濯パンを置く、置かないにかかわらず、定期的なお掃除が必要になることだけは確かです。 

 ライター:sion

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事