なるほどこれは使える!紙袋の上手な収納方法と意外な活用法

 ショッピングの際に、商品を持ち帰るのに使用する紙袋。本来は、家に着いたらその役目を終えるはずですが、もったいないのでついつい保管して、気づいたら収納に困るくらい溜まってしまうってことありますよね。今回は、そんな紙袋の上手な収納方法と意外な活用法についてご紹介します。 

■まずは紙袋の数を減らす

  当然ですが、収納する紙袋の数は、少なければ少ないほど、楽にスピーディに収納できます。シワや汚れが目立つ、持ち手が紙製で毛羽立っている、など、見た目に問題があるものは、これを機に思い切って収納対象から外し、処分するか、これからご紹介する活用法を試すなどし、紙袋として持ち歩く以外の別の用途を考えましょう。

  

■紙袋の上手な収納方法

まずは、収納場所を固定してしまいましょう。いざ、紙袋が必要になった際に「あれ?どこにしまったっけ?」と、探す羽目に陥るケースは、意外と多いものです。いざというときに見つけにくいのは、紙袋が、コンパクトに折りたためるため、どこでも収納できることが最大の理由になっています。

例えば、戸棚や押入れなどに、ちょっとした隙間があれば、紙袋なら、そこにするっと滑り込ませることができるので、どこにしまったかわからなくなりやすいということですね。そうなるのを防ぐために、あらかじめ紙袋の収納場所を固定して、そこ以外は収納しない、というルールを設けましょう。あとは、ルールを徹底しさえすれば、必要なときにいつでもささっと取り出せてとても便利ですよ。 

固定する場所は、必要などきにいつでもすぐに楽に取り出せる場所を選びましょう。逆に、例えば、押入れやクローゼットの奥の方や上の方など、取り出すのに苦労しそうな場所は、最初から避けましょう。収納場所さえ固定できれば、あとは、その置き場所に合わせて、収納ボックスやファイルボックス、スタンドなどを用意し、そこに紙袋を収納すればOKです。

それらの収納アイテムに、紙袋を収納する際には、持ち手を袋の内側に入れ込んでから折りたたみ、底の方を上して収納すると取り出しやすいので、コツとして、ぜひ押さえておきましょう。

 

■紙袋の意外な活用法

紙袋として持ち歩くのには、問題があるけど、まだまだ十分も使えそうな場合は、紙袋は、別の用途に活用しましょう。 

1.ゴミ箱に

ゴミ箱といっても、紙袋にじかにゴミを入れるのではなく、紙袋にゴミ袋をセットしてそこにゴミを入れるようにします。紙袋は軽いので、吊るしたり、引っ掛けたりすることもできるので、どこでも設置できる点が魅力です。 

2.溜まりやすいレジ袋やビニール袋の収納に

紙袋の適当な場所に穴をあけて取り出し口を作り、あとは上からどんどんレジ袋やビニール袋を入れていきましょう。紙袋は、フックをとりつけ、そこに吊り下げることもできますし、ちょっとした隙間に立てかけておくこともできるので、どこでも置けますし、スペースもとりません。

3.野菜室の仕分けに

冷蔵庫の野菜室は、野菜のくずや土などで、とても汚れやすい場所ですよね。紙袋に入れてから野菜室に収納するようにすれば、紙袋が仕分けと汚れ防止の両方の役目を果たしてくれますよ。汚れたら新しいものを交換すればOKです。持ち手のないシンプルな紙袋がたくさんたまった際の活用法としておすすめです。 

おわりに

 紙袋の上手な収納方法と意外な活用法についてご紹介しました、活用法は、このほかにもアイデア次第で、それこそ数限りなく考案することが可能です。これを機に、オリジナルな活用法をぜひ見つけ出していただければと思います。

 ライター:sion

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事