知っておくと安心!扇風機の寿命とお掃除方法

夏の風物詩でもある扇風機。丈夫で長持ちするため、扇風機の寿命については、あまり気にせず使っている方も多いのではないでしょうか?ただ、お掃除せずにいると、寿命を縮めることになりますし、寿命に気づかず使い続けていると思わぬ危険を招くことも。そこで今回は、扇風機の寿命や掃除方法についてご紹介します。 

■扇風機の寿命ってどのくらい?

扇風機は、シンプルな構造をしているので、故障しにくい、という特徴があります。そのため、扇風機に多少の不具合が生じても、プロペラが回り、風を送るという、扇風機本来の機能を果たせている限りは、使い続けているというケースは非常に多いようです。 つまりは、壊れて動かなくなるまで使うということですね。

ただ、メーカーの扇風機の部品保有期間は、およそ8年が一応の目安となっているようです。そのためその保有期間を過ぎた扇風機が、もし故障した場合、部品がないために、実質その時点で、買い替えが必要になります。ここで問題になってくるのは、多少の不具合が生じても、動く限りは修理に出さずに使い続けるという点です。扇風機は、消耗品なので、長期間使用し続けることによる「経年劣化」が起こります。

そして、ここ数年、経年劣化が激しい扇風機の事故がど増加していて、消費者庁が注意するよう呼びかけています。 

扇風機は、ホコリがたまりやすく、お掃除せずにいると、経年劣化を早めることになるので気をつけましょう。思わぬ事故を未然に防ぐためにも、扇風機の寿命を意識し、こまめにお掃除してホコリを取り除くことが重要です。

  

■扇風機のお掃除方法

  扇風機のお掃除は、できればプロペラを外して、お掃除する方法がベストです。しかしそのお掃除方法ですと、分解する必要がありますし、お掃除した後、また元通りに組み立てる作業も必要になります。お掃除としてはかなりハードルが高いです。 

今回は、分解せずにお掃除する方法をご紹介します。

1.扇風機のカバーを外す

カバーは簡単に外すことができる構造になっています。 

2.ホコリを取り除く

扇風機のカバー及びプロペラ部分やモーター部分にたまったホコリを取り除きましょう。カバーの細かなすき間にたまったホコリは、刷毛を使用すると取りやすくて便利ですよ。 

3.水拭きする

ホコリを取り除いた後は、雑巾を使用して水拭きしていきましょう。汚れがひどい場合は、台所用中性洗剤を含ませた雑巾で拭いた後、水拭きして洗剤分をよく落としてから、仕上げに乾拭きして水分を十分に取り除きます。 

扇風機が十分に乾いたら、あとは、カバーを取り付ければ、お掃除は完了です。

  

 おわりに

     扇風機の寿命と簡単にできるお掃除方法をご紹介しました。簡単で続けやすい方法なので、ぜひお試しいただければと思います。扇風機を安心して使用するためにも、常に寿命を意識しながら、こまめなお掃除を続けましょう。

ライター:sion

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事