とにかくスピード勝負!水着の正しい洗濯方法

 水着を着用する機会が増える夏。水着の洗濯はどうされていますか?普通に他の洗濯物と一緒に洗濯機では洗うのはNGで、正しい洗濯方法とはいえないようです。そこで今回は、意外と知られていない水着の正しい洗濯方法をご紹介します。 

■水着は脱いだらすぐに水洗いを!

海水浴やプールで着用した 水着には、海水の塩分やプールの消毒で使用されている塩素が浸み込んでいます。塩分や塩素は、水着の繊維を傷めたり、水着の色落ちを招いたりして、水着の寿命を縮める原因になるため、なるべく早い段階で取り除いておく必要があります。

脱いだらすぐに水洗いして塩分や塩素を取り除いておきましょう。砂や泥などの汚れが付着している場合は、水洗いの前に払い落としておく必要があります。

ただ、水洗いした後、水着を絞るのは、基本的に好ましくありません。水着を絞ると、型崩れしやすいので、タオルに挟んで水気を切るという方法がベストです。特に水着の主な素材であるポリウレタンは、一度型崩れしてしまうと、元に戻りにくいので要注意です。水気を切った水着は、乾いたタオルで挟んだ状態で、通気性のいい袋に入れて持ち帰りましょう。 

■家に持ち帰った水着は早めに洗濯を!

家に持ち帰った水着は、汚れがまだ十分に落としきれていないために、なるべく早めに洗剤で洗濯しましょう。使用する洗剤は、生地を傷めずに優しく洗える「おしゃれ着洗い用の中性洗剤」が最適です。

洗濯方法は、洗濯機を使う方法と手洗いする方法があります。水着の洗濯表示マークを確認し、適切な方法を選びましょう。手洗いマークが表示されている場合も、洗濯ネットに入れて、「手洗いコース」「弱水流」などを選んで洗濯すれば、洗濯が可能です。

洗濯機で洗う場合は、すすぎを1回にして、脱水も短めにすることをポイントとして押さえておきましょう。洗濯機洗いが可能な水着でも、洗濯ネットを使用した方が安心です。また、水着を傷めたくない場合は、洗濯機洗いができるできないかかわらず、生地への負担の軽い手洗いをおすすめします。手洗いする場合も、ゴシゴシ洗いは厳禁で、優しく押し洗いや振り洗いすることを、重要なポイントとして押さえておきましょう。

  

■洗濯後の水着の干し方にも注意!

  脱水後は、なるべくすぐに洗濯機から出して、形を整えて、直射日光を避けて、風通しのよい場所で陰干ししましょう 乾きやすく、また殺菌になるということから、水着を天日干しにしてしまうケースは思いのほか多いようです。しかし、水着の素材は、熱に弱いため、直射日光に当てるとダメージが大きく、色落ちや傷みを招き、結果的に水着の寿命を縮めることになるので気をつけましょう。

すぐに乾くからと乾燥機にかけるのも、同じ理由でNGです。

 

おわりに

    水着の正しい洗濯方法をご紹介しました。いかにスピード勝負が重要であるかについておわかりいただけたでしょうか?色落ちや型崩れを防ぎ、長く快適に愛用するためにも、水着は正しい方法で洗濯しましょう。 

 ライター:sion

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事