寿命ってどのくらい?知っておきたいバスタオルの捨て時の目安について

ほぼ毎日のように使用しているバスタオル。寿命については、あまり意識したことがない方が多いのではないでしょうか?ただ使い続けているうちに、使い心地が悪くなるので捨て時の目安については、知っておきたいものです。そこで今回は、バスタオルの寿命と捨て時の目安をご紹介します。

■バスタオルの寿命の目安は洗濯回数

厳密には、バスタオルの寿命は、あるようでないようなもので、使用する側の判断に委ねられるところが大きいです。使用する側が、まだ使えると思っている限りは、寿命を迎えることはない、ということになります。しかし、バスタオルは、消耗品なので、使用回数が増えれば増えるほど、また、洗濯の回数が増えれば増えるほど、確実に消耗することだけは確かです。

ちなみに多くのホテルでは、洗濯回数30回を目安に、それまで使用されてきたバスタオルを処分し、新しいバスタオルに交換することになっているようです。通常のタオルは、洗濯回数が30回を超えると、タオルの布地が傷んで、吸水性や肌触りが悪くなるという理由から、交換の目安を30回と定めているようです。

 ただ、これは相当に大雑把な数字ともいえ、実際は、タオルの素材をはじめ、タオルの製造方法、使用者の取扱い方によっても、寿命はかなり異なってくるようです。ですから、一概に寿命はこれくらいと数字で表せない、というのが本当のところです。 

■寿命と判断し処分する目安

バスタオルを寿命と判断し、処分する目安として以下の点を押さえておきましょう。

1.洗濯しても臭いがとれない

  洗濯回数にかかわらず、洗濯しても臭いがとれなくなった場合は、雑菌が繁殖しているため処分を検討しましょう。

2.吸水性が落ちてゴワゴワになっている

吸水性が落ちてゴワゴワになっているタオルを使用すると、皮膚を傷める怖れがあります。体を拭いて、肌触りがよくなかったり、痛いと感じたりするようであれば、速やかに処分を検討しましょう。

  

■バスタオルの寿命を延ばすための注意点

1.柔軟剤を使用しない

洗濯の際に、柔軟剤を使用すると、バスタオルの繊維が柔軟剤によってコーティングされることで、吸水率が大幅にダウンしてしまいますし、バスタオルを傷める要因にもなり、結果的に寿命を縮めることになります。 

2.大量の衣類と一緒に洗濯しない

一緒に洗う衣類が多ければ多いほど、その分、衣類とバスタオルとの摩擦が増えるため、傷みやすくなり、寿命を縮めることになります。

3.乾燥機を使わない

乾燥機を使用すると、バスタオルは、ふっくらふわふわな仕上がりになります。そのためついつい乾燥機にかけがちですが、タオル類は、乾燥機を使用すると、縮んだり傷んだりしやすくなるので、結果的に寿命を縮めることになります。

4.直射日光を避ける

  紫外線による色あせを招きやすく、やはり寿命が縮みます。

5.重ねて収納しない

畳んで重ねて収納すると、重みで、一番下のバスタオルから順に傷みやすくなります。タオル類は、丸めて並べて収納するようにしましょう。

 

おわりに

  バスタオルの寿命を判断する目安については、おわかりいただけたでしょうか?やはりバスタオルは、ほぼ毎日、直接身体に触れるものなので、いつも清潔かつ快適に使用したいものですね。何枚かストックして、常に新しいものを使用できるようにしておきましょう。

 ライター:sion

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事