放置し続けると危険?部屋の天井も掃除が必要

部屋の天井は、お掃除箇所としてカウントされにくく、どうしても汚れが放置されやすいです。部屋の天井の汚れを放置し続けると、汚れで天井が劣化する怖れがあります。また、カビが発生して、それが原因で健康を損ねる怖れも出てきます。そこで今回は、何かと見落とされがちな部屋の天井の掃除方法についてご紹介します。 

■部屋の天井の主な汚れはホコリ

  部屋の天井の主な汚れはホコリです。高い場所だから、ホコリなどつかない、そう考えがちですが、床や家具、照明器具などのホコリが、舞い上がって天井につくことがあります。

特に冬場に、エアコン暖房を使用すると、空気の対流によって、天井にホコリがつきやすいので要注意です。ホコリは、放置せずに、こまめに取り除くことが重要です。放置すると凝り固まって落としにくくなりますし、天井の黄ばみを招く怖れも出てきます。 

■部屋の天井のホコリの掃除方法

部屋の天井のホコリの掃除方法は、意外と簡単です。柄の長いポリバタキで、天井を軽くなでるだけで、肉眼で見えないような小さなホコリもポリバタキが吸着してくれます。

コツは、ポリバタキを使用する前に、数回ハタハタと振って、静電気を起こすことです。

天井のホコリを落したら、次に照明器具のホコリやエアコンの上のホコリ、カーテンレールのホコリ、家具のホコリなども落としておきましょう。ホコリは上から下に落ちていく性質があるので、ポリバタキは、高い所から順に使っていくことがポイントです最後に床の掃除を行えば、ホコリは、ほぼキレイに取り除くことができますよ。

ポリバタキの代わりに、フローリングワイパーにマイクロファイバークロスを装着して、それで天井を拭いていくという方法でも、同様の効果が期待できます。

 

■ホコリ以外の汚れの掃除方法

部屋によってはホコリ以外の汚れがつく場合もあります。

 例えば、ご家族にタバコを吸う方がおられる場合は、ヤニなどもつきやすいです。天井にヤニがついた場合は、アルカリ電解水を吹き付けたマイクロファイバークロスをフローリングワイパーに装着し、それで汚れを落としてみましょう。アルカリ電解水は二度拭きが不要なので、とても楽ですよ。キッチンの天井に着きやすい油汚れも同様にこの掃除方法で落せます。

もしそれでも落とせない場合は、住宅用の中性洗剤を使用してみましょう。アルカリ電解水を使用する場合と同じ要領で、フローリングワイパーに、洗剤をしみこませた布を装着し、それで汚れを落としていきます。その後、水に濡らした布を装着して洗剤分をよく落としてから、仕上げに、乾いた布を装着し、水気をよく拭き取っておきましょう。

 

おわりに

部屋の天井の掃除方法についてご紹介しましたが、いかがでしたか?簡単なので、1か月に1回くらいは、フローリングのお掃除の前に、天井もお掃除されることをおすすめします。  

 ライター:sion

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事