使い勝手もオシャレ度も確実にアップ!キッチン家電の収納のコツ

 キッチン家電は、思いのほかその数が多く、収納にお困りの方もたくさんいらっしゃることでしょう。また、キッチン家電は、サイズもバラバラなので、統一感がなく、見た目も雑多な印象を与えやすく、オシャレ度がダウンしがちです。そこで今回は使い勝手とオシャレ度を考慮した、キッチン家電の収納のコツをご紹介します。

■コツその1 よく使う家電は見せる収納に

 使い勝手のことを考えれば、 炊飯器や電子レンジ、電気ポットなど、よく使う家電は、収納せずに、置きっぱなしにした方が、断然便利です。またすぐに使うのですから、いちいち収納するのはとても面倒ですよね。実際、大半のご家庭は、よく使う家電を置きっぱなしにされていることでしょう。

ただ、置きっぱなしにする際も、使い勝手を考えながら、見せる収納を意識すると、オシャレ度をアップさせることができますよ。

 まずは、使い勝手をさらによくするために、よく使うキッチン家電は一か所にまとめておくようにしましょう。その際、キッチン家電専用のラックを使用すると便利です。キッチン家電専用のラックは、品揃えが豊富なので、ご家庭のキッチンの収納スペースにピッタリなタイプを見つけやすい点が魅力です。

収納する家電の色や素材、および、キッチンの雰囲気にマッチしたものを選ぶようにすると、見た目に統一感が生まれ、その分オシャレ度もアップします。 

■コツその2 あまり使わない家電は隠して収納

あまり使わない家電は、置きっぱなしにすると、場所をとりますし、何よりも生活感があふれ、見た目の印象もあまりよくありませんよね。もちろん、オシャレなデザインのものであれば、あえて、置きっぱなしにして、見せる収納を意識するのも一案です。そうでないものは、やはり見えない場所に隠して収納しておきましょう。

これらの家電も、使用する際は、やはり電源が必要になるので、なるべく出してすぐに電源を確保できる場所を収納スペースに選ぶようにしましょう。  

■コツその3  安全性も考慮する

キッチン家電を収納する際の意外と見落としがちなのが、安全性です。例えば炊飯器や電気ポットは、稼働中は、水蒸気が出ますし、放熱もします。見せる収納として置きっぱなしにする際も、十分な空きスペースを確保できる場所に設置することが重要になります。

さらに、家電製品ですので、キッチンのシンクなど、水がかかるリスクのある場所の近くに置くのは、危険ですので、避けるようにしましょう。同じく、ガスコンロなどの火の近くも避ける必要があるでしょう。

おわりに

  それぞれのご家庭によって、よく使うキッチン家電も異なってくるものですよね。まずは、実際に使用しているキッチン家電をリストアップし、使用頻度によって、分類することから始められてはいかがでしょう。リストアップの際に、全く使っていない家電や不要な家電が見つかった場合は、収納スペースを増やすためにも、これを機に処分を検討しましょう。

ライター:sion

 

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事