必要なときにすぐに取り出せる!押さえておきたいリモコン収納のコツ

  リモコン類は、わざわざ収納せずに、そのへんについつい置きっぱなしにしがちですよね。家族みんなが使うたびに、置き場所が変わって、結局、必要なときに取り出せず、探す羽目に陥ることも珍しくありません。そのようなことを防ぐために、リモコン収納のコツについてご紹介します。

■まずはその前に不要なリモコンがないかチェック

当然ですが、リモコンの数が多ければ多いほど、収納や管理が大変になります。一度、使わない不要なリモコンがないかチェックしてみましょう。それらのリモコンがよく使うリモコンと一緒になっていると、大変に紛らわしく、そのこともまた、必要な時にリモコンが見つからない要因になりやすいです。 

まったく使っていないリモコンや、使うことがほとんどないリモコンが、見つかった場合は、これを機に処分するか、別の場所に保管しておきましょう。 

■収納場所を固定する(リモコンの置き場所を決める)

リモコンが、どこにいったかわからなくなるのは、収納場所が定まっていないことが、やはり最大の原因になるようです。つまり、元々、リモコンの収納場所がないために、使ったら適当にそこらへんに置きっぱなしにしてしまうということですね。

適当に置きっぱなしにされたリモコンを、他の家族が使った後に、また別のところに置きっぱなしにしてしまう。リモコンの収納場所が定まっていないと、往々にして、そういったことが繰り返されやすくなります。その結果、「あれさっきここに置いたはずなのに?どこに行った?」というように、必要な時にすぐに見つからず、イライラすることに!

そうならないためには、リモコンの収納場所を固定してしまうに限ります。リモコンの収納場所は、そのリモコンを使う際に、すぐ手に取れる場所に固定することがコツです。 

例えば、テレビのリモコンは、テレビよくを見る場所の近くに収納場所を固定すると出し入れがしやすく便利ですよ。テレビをよく見る場所がソファの場合は、ソファ用サイド収納グッズ(布製のひじ掛けラック)を使用されてはいかがでしょう。ソファ用サイド収納グッズは、いくつかのポケットがついていて、ソファのひじ掛けのところに引っ掛けることができるようになっています。

ソファ用サイド収納グッズは、様々なメーカーから出ていますが、リモコン専用のものも数多く揃えられているようです。 

 

■まとめて持ち手つきのかごに収納する

リモコンをまとめて持ちて付きのカゴにまとめて収納してから、そのかごの置き場所を固定しておくという方法もおすすめできます。 必要なときに、カゴからすぐに取り出せますし、使ったらまたカゴに戻すようにすれば、リモコンが行方不明になるリスクを大幅に減らすことができますよ。生活感が出やすいリモコンを隠して収納できる点も魅力です。

 また、持ち手がついているので、カゴごと自由に持ち運ぶこともできます。カゴなら置き場所が、少々変わっても、すぐに見つけやすいです。

おわりに

 必要な時にすぐに取り出すための、リモコン収納のコツについてご紹介しました。もちろん、収納に使用するグッズは、手作りしてもOKですし、自由な発想で、オリジナルのリモコン収納グッズを手作りするのも楽しいですよ。ぜひお試しあれ!

 ライター:sion

 

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事