長持ちキープさせる!キャベツの正しい保存方法

使い切れないという理由から、すでにカットされたキャベツを購入される場合も多いかもしれませんね、しかし、キャベツは切らずに丸ごと保存した方が断然長持ちします。そこで今回は、丸ごとのキャベツを使い切るための上手な保存方法をご紹介します。 

  ■キャベツは冷蔵保存が最適

寒い地方で育つキャベツを保存するのに最適な温度は、0~5℃とかなりの低温です。そのため、およそ3℃~5℃に保たれている冷蔵庫の冷蔵室での保存が適しています。ちなみに冷蔵庫の野菜室の温度は、製品によって違いはあるものの、およそ6℃前後と若干高めになっているため、長持ちさせるためには、冷蔵室での保存をおすすめします。

■キャベツを長持ちさせるための保存のコツ

冷蔵庫で保存する場合も、以下のようなコツを押さえることで、キャベツをより長持ちさせることができます。 

コツその1   芯をくり抜く

芯に水分や栄養分をとられてしまうので、乾燥して傷みやすくなります。芯の周りに、包丁などで切り込を入れた後、差し込んでくるっと回してくり抜きましょう。専用のくり抜き器も遣えば、とても簡単にくり抜けるようです。値のはるものではないので、たくさん保存する場合は、導入を検討されてもよいかもしれませんね。切り抜いた後は、空洞に、新聞紙やキッチンぺ―パーを水に濡らして詰めておくことをお忘れなく! 

コツその2  水分を保つ

キャベツの水分を保つために、新聞紙で包むようにしましょう。野菜専用の保存袋でもOKです。キャベツの水分は保てても、呼吸ができなくなってしまうので、ラップで包むのは、避けましょう。

コツその3 立てて保存する

キャベツは、縦に伸びる野菜なので、横にすると、縦に伸びようとして無駄なエネルギーを消費するため、その分、傷みやすくなります。

  

  ■料理の時短には冷凍保存がおすすめ

  切ったキャベツは冷蔵保存には、向きませんが、冷凍なら長期保存が可能です。あらかじめ切って冷凍保存しておけば、使いたいときにいつでも、すぐに使えるので、洗ったり切ったりする手間が省けて、料理の時短にもなってとても便利です。

冷凍保存の手順は以下の通りです。 

1.キャベツを切る

  形状は自由ですが、なるべく大きめに切ることがポイントです。

2.水気を十分に切る

切ったキャベツに水気が残っていると、冷凍中に劣化しやすいので十分に切っておきましょう。

3冷凍用の密閉袋に入れる

密閉袋に平たくして入れ、空気をよく抜いておきましょ 

あとは、冷凍庫に入れればOKです。およそ2週間程度は保存可能です。冷凍すると食感が変わるので、加熱調理がおすすめです。使うときは、解凍せずに、そのまま加熱しましょう。

 

おわりに

  丸ごと冷蔵保存したキャベツを使用するときは、切らずに外側の葉から外すようにして使うと、より長持ちさせることができますよ。上手に保存し、可能な限り、鮮度を保って、最後まで無駄なく美味しく使い切りましょう。

 

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事