もっと使いやすくなる!知っておきたい食器棚収納のコツ

食器棚の収納に問題があると、とても使いづらくなります。日々何回も出し入れする食器棚は、使いづらいとイライラしてストレスを増やすことに。そこで今回は、食器棚をもっと使いやすくするための収納のコツをご紹介します。

■コツその1食器棚に収納する食器の数を減らす

 食器棚を使いやすくするために、絶対に欠かせないコツになるでしょう。収納する食器の数が多くなればなるほど、食器棚は、確実に使いづらくなります。

逆に、収納する食器の数を減らせば減らすほど、どこにどの食器があるのか把握しやすいですし、出し入れもしやすくなります。 食器棚は、フリースペースを確保できるくらい食器の数を減らすのが理想です。

 食器の数の減らし方は、不要な食器を処分するという方法に加え、食器棚以外に別に収納スペースを設けてそちらに移動させるという方法を試してみましょう。例えば、シンク下に引き出しタイプの収納ボックスやファイルボックスを設置して、そこに食器を収納するという方法がおすすめです。 

■コツその2 皿類は重ねない

通常、皿類は、食器棚に重ねて収納することになりますが。実は、その収納の仕方が、食器棚を使いづらくする一因になっています。皿を重ねれば重ねるほど、下のお皿が取り出しづらくなりますよね。取り出しづらいので、上にあるお皿ばかりを使うことになり、下にあるお皿は、出番がなく、ただ場所をとるだけの存在と化してしまいがちです。

そんな不均衡をなくし、どのお皿もすぐに出し入れできるようにするためには、皿類は、重ねずに収納するということを、コツとして押さえておきましょう。 

例えば、ファイルボックスを使用して、そこに皿を立てて収納すれば、後はファイルボックスごと出し入れすればいいので、とても使いやすくなりますよ。もちろんディッシュスタンド使用するという方法でもOKです。

同様に、スプーンやフォークなどのカトラリー類も、種類ごとにグラスなどに立てて収納すると見た目もすっきりして使いやすいですよ。

■コツその3 よく使う食器はカゴにまとめて収納する

お茶碗やお椀、湯のみ、コーヒーカップなど、よく使う食器類は、カゴにまとめて収納し、カゴごと出し入れするようにすると、とても使いやすくなります。 

さらに他の食器もグループに分けて、引き出し式の収納ボックスにまとめてしまうという方法もおすすめです。グループ分けする方法は、大きさや形、色柄で分ける方法、用途別に分ける方法、家族ごとに分ける方法など、各ご家庭の食事のスタイルに合わせて、最も使いやすいと思える方法を選んでいただければと思います。 

■コツその4 奥行のある食器棚にはコの字ラックを

奥行きのある食器棚などは、手前と奥に分けて食器を収納できるので、より多くの食器を収納できる点はメリットですが、奥の食器がとりづらくなるというデメリットもあります。コの字ラックを使えば、このデメリットを解消することが可能です。 

奥のスペースにコの字ラックを置いて、その上に食器を収納しましょう。そうすれば手前の食器に隠れることなく、出し入れもスムーズです。コの字ラックの下は、空きスペースにするか、あまり使わない食器を保管するようにしましょう。

 

おわりに

  いかがでしたか?食器棚は収納のコツを押さえれば、劇的に使いやすくなりますよ。 食器棚の使いづらさによる無用なストレスの大幅な軽減も望めます。ぜひ一度お試しあれ!

ライター:sion

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事