来年着るときに後悔しない!油汚れもスッキリ落とせるダウンコートの洗濯方法

真冬の必須アイテムといえるダウンコート。着る機会が多いと、襟元が皮脂で汚れやすいですし、外食の際に、ケチャップなど油汚れが飛び散って、うっかりダウンコートに付いてしまうこともありますよね。そこで今回は、そんな油汚れも、自宅でスッキリ落とせるダウンコートの洗濯方法をご紹介します。 

■まずは洗濯表示マークをチェック

洗濯する前に、ダウンコートに付いている洗濯表示マークをチェックします。新洗濯表示では、家庭での洗濯禁止マーク(手洗いマークにバツ印があるもの)が付いていない限り、問題なく自宅での洗濯が可能です。 

家庭での洗濯禁止マークが付いている場合は、表地の素材をチェックしてみましょう。もし、ナイロンやポリエステルの場合は、自宅で手洗いすることが基本的に可能です。 

■ダウンコートを自宅で洗濯する際の注意点

 ダウンコートを自宅で洗濯する際には、その前に、以下の注意点を押さえておきましょう。ダウンは、水や摩擦に弱く非常にデリケートなので、注意点を守らずに洗濯してしまうと、ダウンがつぶれて元通りにならない怖れがあるので、気をつけましょう。                                                    

1.中性洗剤を使うこと(おしゃれ着洗いなど)

2.ぬるま湯で洗うこと

3.優しく押し洗いする(強くこすったりもんだりしない)

4.事前に色落ちの有無をチェックしておくこと

 

■洗濯の前に.目立つ汚れを先に落としておきましょう

襟元の皮脂汚れや油汚れなど、目立つ汚れは、先に落としておきましょう。油汚れは、口紅やファンデーション、ケチャップやマヨネーズ、カレーなどの油を使った料理の飛び散りなどが該当します。

皮脂や油汚れの部分に、おしゃれ着洗いの中性洗剤の原液を直接かけ、水で湿らせたスポンで軽く叩いて汚れを落としていきます。強くこするのはNGです。もし、この方法で汚れが落ちない場合は、クレンジングオイルを使って、同じ要領で汚れを落としてみましょう。

 汚れが落ちたら、ぬるま湯にタオルを浸し、よくしぼったあと、それで洗剤部分を拭き取ります。

他の汚れが気にならない場合は、洗濯せずに、この作業だけで終わらせてももちろんOKです。 

なお、この作業は、家庭での洗濯禁止マークのダウンジャケットでも基本的に試すことが可能です。 

■ダウンコートの洗濯の手順

今回は、洗濯槽を洗い桶代わりに使用して、ダウンコートを手洗いする方法をご紹介します。

1.洗濯槽にぬるま湯(30℃程度)を入れ、衣類用中性洗剤をよく溶かしておくす

2.ダウンコートを洗濯槽に入れ、優しく押し洗いをする

3.すすぐ

30秒程度脱水した後、水を出して押し洗いするという方法を、水を替えながら、2.3回繰り返します。最後のすすぎの際に、柔軟剤を使用してもOKです。

すすぎが終わったら、洗濯機で1分程度脱水すれば、完了です。 脱水の際に羽毛が偏るので、脱水後は、ほぐします。 

形を整えて、すぐに風通しのよい場所に干しましょう。

  

おわりに

  いかがでしたか?油汚れなどの目立つ汚れは先に落としておくことがポイントですよ。 なお、ダウンコートによっては、洗濯機で洗える場合もあります。その場合は、洗濯ネットに入れて手洗いコースを洗濯し、脱水は1分程度と短めに行いましょう。

ライター:sion

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事