人肌とぬるま湯違い知ってる!?どう違うのか適切な温度を解説

  料理のレシピに、調理の際に使用する水の温度について、「ぬるま湯」と表記されていることがあります。その場合、その温度や、人肌の違いについて、ご存知でしょうか?今ひとつよくわからないという方のために、今回は、料理で使うぬるま湯の温度、及び人肌との違いについてご紹介します。 

■料理で使うぬるま湯の温度とは?

ぬるま湯は、文字通り、手で触ってみてぬるく感じる温度のことです。厳密に何度と明確な数字が決まっているわけではなく、およそ30℃~40℃の範囲の温度が、ぬるま湯に該当します。ただ、料理のレシピなどには、40℃のぬるま湯と、温度とぬるま湯が一緒に記載されている場合が多いです。 

例えば、パンやピザの生地作りの際に、小麦粉や砂糖、塩、などと一緒に40℃程度のぬるま湯が加えられますし、出来上がった生地を発酵させるのにも40℃前後のぬるま湯が使用されます。これは、40℃程度のぬるま湯の温度が発酵に適した温度であるためのようです。

ちなみに、パンやピザを発酵させるのに必要なイースト菌は、50℃以上の温度では死滅してしまいますし、あまり低温の場合は、発酵が進まないようです。40℃のぬるま湯と表記されていても、必ずしも40℃でなければいけないというわけではなく、40℃前後くらいの温度ならOKですよというニュアンスがあります。 

わかめやしいたけ、きくらげなどの乾物をもどす際にも、ぬるま湯を使用します。さらに、時間がかかるあさりの砂抜きをよりスピーディにできる裏技として、ぬるま湯よりも若干高めの45度~50℃程度のお湯が使われます。 

 

■料理で使う人肌の温度とは?

人肌の温度は、人間の体温である36℃~37℃くらいの温度のことです。料理を作る際に、どのくらい温めればよいのか、どのくらい冷ませばよいのか、その目安として、よく「人肌」が使われます。

例えば、料理のレシピ本などに、「人肌程度温める」と表記されていた場合、それは、手で触ってみて、ほんのり温かく感じる程度の温度を意味しています。「人肌程度まで冷ます」と表記されていた場合は、手で触っても大丈夫な程度の温度のことを意味しています。

■料理で使う人肌とぬるま湯の違いとは?

人肌とぬるま湯の違いは、温度の範囲です。料理のレシピなどに、人肌と記載されている場合は36℃~37℃と、その範囲が狭いです。これに対してぬるま湯は、30℃~40℃と、人肌と比べて、その温度の範囲が広いです。

そのため、36℃~37℃で、温めたり冷ましたりするのが適している場合は、人肌と表記されることが多いようです。36℃より低い温度が適している場合、逆に37℃よりも高い温度が適している場合は、ぬるま湯と表記されるようですが、特に決まっているわけではありません。 

おわりに

  料理に使うぬるま湯の温度や、人肌との違いについてご理解いただけたでしょうか?なお、人肌の温度は、ぬるま湯の温度の範囲内のため、人肌程度のぬるま湯と表記されている場合もあるようです。

ライター:sion

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事