これぞ生活の知恵!リモコン掃除のコツは汚れを●●すること

  日常生活を送る上で、もはや欠かせない存在のリモコン。ただ、頻繁に手で触れるため、汚れやすく、お掃除せずにいると、衛生面が心配です。そこで今回は、リモコンのお掃除方法や生活の知恵と呼ぶべきお掃除のコツをご紹介します。

■実はリモコンは想像以上に汚れている?

リモコンを手で触るたびに、手垢や皮脂がリモコンに付着します。手が汚れていた場合は、それでリモコンを触ると、その汚れがリモコンに移ってしまう場合もあるでしょう。

リモコンを掃除しないと、それらの汚れがどんどん蓄積することになり、それらを栄養源にして雑菌が繁殖することになり、大変に不衛生です。その雑菌まみれのリモコンを触った手で、次々と何かに触り続けると、結果的に部屋中の至るところに、雑菌を広げてしまうことになりかねません。

そうならないためにも、なるべくこまめに掃除して雑菌を取り除き、リモコンを清潔な状態に保っておくことが一番です。

 

■リモコン掃除のコツその1   「ついで」や「~しながら」掃除する

例えば、テーブルを拭いたついでに、そこにあるリモコンを掃除する。あるいは、テレビを見ながら、テレビのリモコンを掃除する、といったように、リモコンをこまめに掃除するためには、いわゆる「ついで掃除」や「ながら掃除」が適しています。わざわざリモコン掃除のために時間を割くのは、けっこう面倒に感じるものですが、何かのついでや、~しながらなら、楽に続けやすいので、結果的に、こまめな掃除が可能になりますよ。

もちろん、その前に、一度、リモコンを掃除するのための時間を作り、リモコンの汚れを徹底的に落としておく必要があるでしょう。

  

■リモコン掃除のコツその2 ホコリは先に吸い取っておく

リモコンにホコリが付着している場合は、まずは、そのホコリを掃除機等で吸い取って落としておきましょう。掃除機の吸引力により、操作ボタンの隙間に入り込んだホコリも簡単に取り除くことができます。 

ホコリが付着していない場合は、このプロセスは省略可能です。

 

■リモコン掃除のコツその3 取りにくい汚れは剥がす

リモコンをお掃除する上で、一番厄介なのが、操作ボタンのそれぞれの隙間に入り込んだ汚れを取り除くことです。

これらを取り除くためには、メラミンスポンジの先でこする、綿棒やつま楊枝を使う、布で巻いたフォークを使うという方法などが、実際によく試されているようです。 

しかし、上記の方法では、まだ不十分ですっきり落としきれない場合も想定できます。その場合は、お掃除用のスライムを使用した方法が効果的です。お掃除用スライムは、リモコンやキーボードなど隙間に入り込んだ汚れを落とすために開発された画期的なアイテムです。

使い方も、リモコンの隙間にスライムを、押し当ててから剥がすという動作をくりかえすだけで掃除ができて簡単です。 

わざわざ掃除用のスライムを入手しなくても、木工用のボンドがあれば、それで代用可能です。お掃除方法も、リモコンにまんべんなく、木工用ボンドをつけて、完全に乾かしてから、一気に剥がすだけ、とこちらもいたって簡単です。ただ、完全に乾くまで絶対に触れず、その間リモコンが使えない点は、不便といえば不便かもしれません。 

ただ、一気に剥がして、汚れが根こそぎとれたときには、それこそリモコン掃除としてはやみつきになるほどの快感を得られるようで、その点は魅力といえば魅力といえるかもしれません。

 

おわりに

  毎日の生活の中で、欠かせないリモコンのお掃除についてご紹介しました。リモコンの汚れを防ぐためには、ラップを巻く、という方法がおすすめできます。汚れたら、すぐに取り変えるだけなので、ぜひ、お試しいただければと思います。

ライター:sion

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事