仕上がりに大きな差が!知っておきたい上手なズボンの洗濯方法

ズボンの洗濯は、方法に問題があると、シワや縮み、型崩れを招きやすく、かなりハードルの高い作業になります。しかし、上手な方法で洗濯すれば、仕上がりも上々です。しかもその方法は、意外と簡単です。今回は、そんなズボンの上手な洗濯方法をご紹介します。

■まずは、洗濯可能かどうかを確認する!

素材によっては家庭で洗濯できないズボンもあります。まずは、ズボンに付いている洗濯絵表示を確認し、洗濯可能かどうかを必ず確認しましょう。

基本的に、水洗い不可の絵表示が付いていなければ、家庭での洗濯が可能です。ちなみに洗い桶にバツ印があるのが、水洗い不可の絵表示です。

さらに、洗濯機で洗えるかどうか、漂白剤が使えるかどうかも確認しておきましょう。手洗いの絵表示があれば、原則として、洗濯機の使用は避けた方が無難ですが、「手洗いコース」がある場合は、洗濯機でも問題なく洗えます。

■洗濯機で洗う場合

洗濯機で洗う場合は、以下のポイントを押さえておきましょう。

1.予洗いをする

洗濯機に入れる前に、ズボンをチェックし、目立つシミや汚れがる場合は、予洗いをしておきましょう。汚れやシミに直接、洗剤液をつけて、軽くこすっておくだけで、汚れ落ちが断然よくなります。生地を傷めるので、強くこすりすぎないように注意しましょう。極端にひどい汚れの場合は、つけ置き洗いがおすすめです。 

素材によっては中性洗剤(おしゃれ着用洗剤)でしか、洗えないものもあるので、その点もチェックしておくと安心です。 

2. 洗濯ネットに入れる

裏返しにして、洗濯ネットに入れましょう。そうすることで、ズボンの裾が絡まったり、型崩れしたり、洗濯物同士の摩擦による衝撃を和らげることができます。 

3. 脱水は短めに

脱水時間が多ければ多いほど、シワや型崩れができやすくなります。脱水時間は、短めに設定しておきましょう。目安は一分程度です。 

■手洗いする場合

1.ぬるま湯で短時間に洗い上げる

 水よりも、ぬるま湯の方が洗剤が溶けやすいですし、ぬるま湯の温度は、生地にとっても理想的です。 また、洗いはじめと洗い終わりの温度差が大きくなると、縮む怖れがあるので、素早く洗い上げることが重要です。 

2.優しく押し洗いする

手洗いの方法は、いくつかありますが、ズボンは、押し洗いが適しています。押し洗いは、文字通り、両手で洗濯物を押したり離したりをくりかえす洗い方です。押し洗いすれば、ズボンの生地に負担をかけずに洗い上げることができます。 

3.柔軟剤はすすぎの最後に入れる

柔軟剤を使用する場合は、すすぎの最後に入れます。すすぎの最初に入れると、効果が半減するので気をつけましょう。 

4.洗濯ネットに入れて洗濯機で脱水する

  すすぎが終わったら、三つ折りか四つ折りに畳んでから洗濯ネットに入れて、洗濯機で1分程度脱水しましょう。

おわりに

  ズボンの洗濯方法についてご理解いただけたでしょうか?あとは、叩いてシワを延ばして、筒状に干すようにすることも、ポイントとして押さえておきましょう。

ライター:sion

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事