見違えるほどスッキリキレイになる! 台所の整理整頓の極意

 調理器具に食器に調味料に食品と、様々なモノであふれている台所は、どうしても散らかりやすいため、整理整頓が大変ですよね。台所が散らかっているとイライラして作業効率も下がるため、結果的に家事の時短の妨げになる心配も!そこで今回は、ぜひ押さえておきたい台所の整理整頓の極意をご紹介します。

■整理整頓の極意その1   要らないモノを捨てる

よく考えれば、至極当たり前のことなのですが、整理整頓の極意としては絶対に外せないポイントです。 

台所には、思いのほか要らないモノがたくさん存在している場合が多いです。例えば、賞味期限が切れている食品類、用途がダブっている調理器具、全く出番のない食器類など。このほかにも探せばどんどん見つけることができそうですね。

これを機に、要らないモノはすべて処分し、台所にあるモノの数そのものを減らしてしまいましょう。台所にあるモノが減れば、整理整頓にかかる手間も大幅に省くことができます。 

またモノが減れば、収納スペースにも余裕ができるので、これまで、スペースがいっぱいで、出しっぱなしにせざるを得なかったモノをスッキリと収めることができます。

 

■整理整頓の極意その2   調理台やシンクには極力何も置かない

台所の中でも、調理台やシンクは、使うモノが多い分、ついつい便利だからといって置きっ放しにしやすく、その分散らかって見えやすい場所でもあります。

これらの場所には、極力何も置かないように工夫してみましょう。確かに、台所用洗剤やスポンジの類は、まとめてトレイにセットして、シンク下のすぐ取れる場所に収納して、必要な時だけ出して使った後は戻すという方法がおすすでです。

 あるいは、置きっぱなしにする場合は、洗剤は透明な容器に移し替える、スポンジを目立たない色にするなど、見た目をスッキリできるよう工夫してみましょう。

シンクの中も、何もなければ、スッキリ見えますし、何よりもお掃除がしやすくいつもピカピカな状態を保てますよ。

例えば、洗い桶、三角コーナーは、思い切って処分してしまうのも一案です。三角コーナーは、レジ袋やポリ袋など、すぐに捨てられるもので代用できますし、洗い桶も大きめのボウルやお鍋などで代用可能です。

お玉やフライ返しなどの類の調理器具類は、できればトーンを揃え、調理台のすぐ取れる場所に、吊るす方法を考えましょう。 

■整理整頓の極意 その極意その3   使ったらすぐに元に戻す

使ったらすぐに元の場所に戻すということを習慣にしておけば、いろんなモノを置きっぱなしにして散らかるということがなくなります。あらかじめ、それぞれのモノの定位置を決めておくと元の場所に戻しやすいですよ。

特に使うモノが多い台所は、ついつい置きっぱなしにしやすいので、こちらも整理整頓の極意としてぜひ押さえておきたい項目です。さらに、台所のモノを減らせば減らすほど、この極意は、習慣として身につきやすいですよ。

  

おわりに

  何かと散らかりやすい台所の整理整頓の極意についてご紹介しましたが、いかがでしたか?もちろん、いったん減らしたモノを増やさないようにすることもお忘れなく!

 

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事