コツは仕分け方にあり!大掃除に役立つ洋服整理の極意とは

洋服整理を行うのに絶好の機会といえるのが大掃除。ただ、大掃除当日は、他にやることも多いので、時間のかかる洋服整理は、できれば、大掃除の前に、済ませておくと安心です。今回は、大掃除に備えて知っておくと役立つ、まさに洋服整理の極意ともいえる仕分け方のポイントをご紹介します。

最大のコツは着る服と着ない服の仕分け方にあり

  洋服整理の際に、必要不可欠な作業です。洋服整理の中核をなす作業プロセスといっても過言ではないくらい大変に重要な作業でもあります。多くの場合、この作業に手間取ってしまって、なかなか先に進めないということがよくあります。特に手持ちの洋服が大量にある場合は、仕分け絵作業に手間取って、大掃除当日に行うと、かんじんの掃除に支障が出やすいので、事前にこの作業だけでも済ませておくのが得策といえそうです。

最も手間どると思われるこの作業をスムーズに進めるためには、あらかじめ処分するルールを設定しておきましょう。あとは、そのルールに従って、余計な感情を交えずに、機械的に作業を進めていけばOKです。

 この作業プロセスさえ突破して、洋服の絶対量を減らすことができれば、その後の洋服整理は格段と楽に進めることができます。

洋服を処分するルールの決め方について

 1.サイズが合わない

  体型をサイズに合わせることが十分に可能であれば保留できますが、その可能性がなければ潔く処分するに限ります。 

2.明らかに流行遅れ

たとえ、まだ十分に着られる状態であったとしても、外に着ていく勇気がない場合は、処分するか、部屋着として残すか、いすれかを選択しましょう。

3.一年以上着ていない

まさにタンスの肥やしといえる洋服です。その先も着ることはないため、すべて処分の対象になります。 

4.キズや汚れが目立つ

キズや汚れが目立つものは、印象も悪く、外出着には適しません。着る回数が多くなる洋服ほど、この項目に該当しやすいです。

5.手入れが面倒

  例えば、毎回アイロンがけが必要、洗濯機で洗えない、など手入れに手間のかかる洋服は、必然的に出番も少なくなるので、思い切って処分してしまうのも一案です。

6. 似合わない

鏡に映してみて、直感的に似合わないと感じた服は、この先も着ることはまずないと考え、サイズの合わない洋服と同様に、潔く処分してしまいましょう。

 上記の項目に該当する洋服は全て処分するというルールをベースに、それぞれの目的や用途に合わせて、各自、独自のルールを設定してみましょう。 

上記の項目に該当する場合でも、どうしても捨てられない洋服がある場合は、例外として処分せずに別の場所に保管する方法などを考えてみるのも一案です。ただし例外を増やしすぎると収拾がつかなくなるのでその点は要注意です。 

着る洋服の仕分け方のポイント

 1.グループに分ける

季節(夏物、冬物、春秋物)ごと、普段着と外出着、トップスとボトムスなど、各自最適と思える分け方を選択し、それぞれのグループごとに箱を用意します。仕分けしながら該当する箱に入れていきます。あとは、箱ごとに、収納スペース(タンスの引き出し、クローゼット、衣裳ケースなど)を割り当て、そこに収納していけば完了です。

  

おわりに

  洋服整理の一連の作業の中で、ある意味最大の難関ともいえる着る服と着ない服の仕分け方についてご理解いただけたでしょうか?洋服整理に加え、大掃除をスムーズに進めるためにも、ぜひお試しになっていただければと思います。

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事