洗濯を制するものは家事の時短を制す?手早く済ませるコツ

 最も時間も手間もかかる家事といえば洗濯ですよね。そんな洗濯にかかる時間を減らすことができえれば、家事の時短に大きく貢献できますよ。そこで今回は、洗濯を手早く済ませるためのコツをいくつかご紹介します。 

■コツその1     洗濯物を減らす

意外と盲点なのですが、洗濯を素早く済ませるための最大のコツといえるでしょう。当然ですが、洗濯物の量が少なければ少ないほど、洗濯の一連の作業(仕分け、洗う、干す、取り込む、たたむなど)にかかる時間を減らすことができます。

洗濯物をうまく減らすことで、洗濯の回数を減らすことができれば、さらに効果的です。洗濯物の数を減らすことに加え、バスタオルなどのかさばるものをサイズダウンさせる、洗う頻度を減らすという方法も試してみましょう。

例えば、直接肌につける下着類、靴下、ハンカチ、タオルなど、毎日洗濯したほうが衛生上好ましいものだけを選んで、あとは、時間に余裕のあるときにまとめてする、という方法など、ライフスタイルに合わせて、最適な方法を実践してみるのも一案です。 

■コツその2  洗濯物の仕分けは脱いだタイミングで済ませる

洗濯物の仕分けは、けっこう手間がかかり煩わしい作業になりますよね。仕分け作業は、まとめて行わずに、その都度行う方が断然ラクで効率的です。脱衣場に仕分けカゴを用意しておいて、家族にも協力してもらい、脱いだときに、仕分けカゴに入れてもらうように提案されてはいかがでしょう。

ネット洗いが必要なものは、仕分けカゴにあらかじめ洗濯ネットをセットしておいて、そこに入れてもらうようにするとさらに効率的ですよ。

■コツその3  洗濯機は最短コースを選択

洗濯機は、ついつい便利なので、自動のお任せコースを選択しがちですよね。しかし、あえて手動にして、洗濯の時間、すすぎの回数、脱水の時間を、最短になるように設定しましょう。 

よほど汚れがひどいものでない限りは、最短コースを選択しても、問題なくキレイに洗うことが可能です。(汚れのひどいものも、あらかじめ予洗いして汚れを落としておけば一緒に洗っても大丈夫ですよ)

■コツその3 洗濯かごである程度仕分け

洗濯機で洗い終えた洗濯物を、そのままアトランダムに洗濯かごに入れずに、ある程度この時点で仕分けしておくと、手早く干すことができますよ。例えば、かごの四隅を利用して、タオル、下着、靴下、シャツ類と仕分けしながら、可能な限り四隅に分けて重ねて置くようにするというのも一案です。

 

■コツその4     左手を活用

洗濯物を干す際に、一回一回洗濯ものをカゴから取り出して干すという作業をくりかえすよりも、洗濯物を左手にかけられるだけかけておいて、かけたものから順に干していくようにした方がはるかに効率的です。例えば、靴下だけ、下着だけ、タオルだけ、とあらかじめ分類しながら左手にかけておくと、干す場所も限定できて、さらに手早く済ませることが可能になります。 

■コツその5 取り込みながら畳む

洗濯物を取り込んで畳んで収納するよりも、取り込む際に、畳めるものは畳んでおくと、後の工程が楽になります。畳む必要のないものは、ハンガー干しにしてハンガーごと取り込んでそのままクローゼットなどに収納する、という方法を試してみましょう。 

おわりに

 家事の時短に繋がる、洗濯を手早く済ませるコツをご紹介しました。今回ご紹介したコツの中から、これは使える!というものを見つけていただけたら、うれしいです。ぜひ一度お試しあれ!

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事