アレンジすれば美味しさ100倍!知って得する柿の選び方

 秋が旬の果実といえば柿を思い浮べる方も多いことでしょう。選び方のコツを押さえて選んだ柿は、そのままでも、もちろん美味しいですが、アレンジ次第で、さらに美味しくいただけるのが魅力。そこで今回は、アレンジのバリエーションも豊富な柿の、知って得する選び方をご紹介します。

■美味しい柿は見た目でわかる 

1.ヘタをチェック

新鮮で美味しい柿を選ぶ上で、外せないチェックポイントです。まずは、ヘタが4枚付いていることが基本です。ヘタの枚数が一枚でも足りないと、それは、十分に育っていない柿である証拠です。4枚のヘタが、潤っていて果皮にぴったりとはりついて、隙間のないものがベストです。

ヘタに隙間のあるもの、ヘタが乾燥しているものは、実がやわらかく、シャキシャキ感に欠ける可能生大です。

2.果皮の状態をチェック

ツヤとハリがあり、色が均一のものが新鮮で美味しい柿です。色むらがある、赤褐色に変色しているものは避けるようにしましょう。 

3.固さと重さをチェック

新鮮で身がつまっている柿は、固さとずっしりとした重みがあります。 

4.果粉(ブルーム)の有無をチェック

新鮮な牡蠣は、果皮に、白い果粉(ブルーム)が浮き出ています。触った後拭き取ると指の跡がつくものを選ぶようにしましょう。

 

■美味しい柿をさらに美味しく味わうためのアレンジのポイント

1酸味のある果物と合わせる

 どんな甘味が十分な柿でも酸味はほとんどありません。そこで、酸味があって甘味に乏しい柑橘系の果物を合わせると、互いに足りない点が補われて、抜群に美味しくなりますよ。ヨーグルト和えやスムージーにおすすめの組み合わせです。 

2.スパイスと合わせる

素朴で優しい甘味が魅力の柿ですが、その分、どうしてもパンチ力に欠けます。それを見事に補ってくれるのがスパイスです。特に柿と相性がよいのがシナモンとナツメグ、クミンなどです。サラダや柿のブランデー漬けなどにおすすめの組み合わせです。

3.酢の物にする

砂糖の代わりに、柿の甘みを使って作る酢の物は、柿の甘みと旨味が加わって、ものすごく奥の深い味わいになります。柿なますが有名ですね。

 

■旬の柿を長く楽しみたいなら冷凍がおすすめ!

旬の柿をできるだけ長く楽しみたいなら、冷凍がおすすめです。柿は日が経つと実が熟してぶにょぶにょになってしまいますが、冷凍保存すると美味しくいただけますよ。

保存する方法も、そのまま密閉できる保存袋に入れて冷凍庫に入れるだけ、ととても簡単です。ヘタの部分を切り取って、中身をスプーンですくって食べるという方法がおすすめです。シャーベット状になっていてとても美味しいです。

料理に使う場合も、沸騰したお湯にさっとくぐらせるだけで、簡単に皮をむくことができる点も便利です。一口大に切ってから冷凍する方法や、ぺースト状にし真空状態で冷凍するという方法も、調理の際に使い勝手がよくなるので、おすすめです。

おわりに

 柿の選び方とアレンジのポイントについてご紹介しました。冷蔵保存する場合は、ヘタの部分が乾燥しないように、ヘタの部分に、湿らせたクッキングペーパやコットンなどを当てて、ヘタを下にして冷蔵庫に入れると、シャキシャキ感を長く保つことができます。ぜひ一度お試しあれ!

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事