知らないと損!何年も使いまわせる収納グッズの選び方

収納家具や収納グッズはそうそう壊れたりする物ではないので、なるべく長く使用したいですよね。使用する場所を変えても、引っ越しても、長く使用できる為の収納用品の選び方のコツをご紹介致します。 

■規格サイズの物を選ぶ

1.押し入れ、クローゼット

衣装ケースでしたら押し入れ規格の物、クローゼット規格の物を選ぶと、どの押し入れやクローゼットに移動させてもピッタリと納める事が出来ます。賃貸、分譲問わずほとんどの住宅は規格サイズをベースに設計されているので規格サイズに沿った物を選ぶと無駄なく長く使用できます。また、スペース拡張の際に同じシリーズで買い足せばピッタリ重なり見た目も良いです。 

2.カラーボックスとその対応グッズ

 ホームセンターなどで気軽に購入できるカラーボックス。安価な上に縦でも横でも使えますのでスペースに合わせて積み重ねや組み合わせも自在です。また、それに対応したサイズのBOXもネットやホームセンター、100円ショップに非常に多く販売されています。

カラーボックス自体も場所を問いませんし、カラーボックス規格の物はカラーボックス以外の場所でシンデレラフィット(ピッタリ収まる事)の確立も物凄く高いので色々な場所で使いやすいサイズとも言えます。カラーボックスとその関連グッズは場所を問わず長く使用する事が期待できます。

 

■形を意識して選ぶ 

1.四角形の物を選ぶ

 住宅も収納スペースも基本的に四角形です。そうでない形の物は用途が変わり他の場所に移動させた時に使いにくく感じる事が多いです。使いまわしには不向きなのでなるべく四角形の物を選ぶように意識してみましょう。また、特定の物だけがフィットするように作られた収納グッズも使いまわしには不向きです。シンプルな四角形の物が色々な場所で長く使用しやすいです。

  

■手軽な物を選ぶ

ここからは別角度から考える収納用品の選び方です。

「長く使うし、しっかりした物を選ぼう!」すご~く気に入った物であれば良いのですが無条件に高価な物や大きな物を選ぶ事は使いまわしの観点からおすすめではありません。

なぜかと言うと、長く使うかどうか、同じ場所でずっと使うかどうかは実際の所分からないからです。生活スタイルは日々変わっていきます。引っ越すかもしれませんし、お子さんがいるご家庭は成長に合わせ年々変わっていきます。

高価な物や大きな物は生活スタイルが変わり、使い勝手が悪く感じてきても「高かったから」「重たくて動かせない」「処分するのが大変」と渋々使い続ける事になりかねません。

手軽とは高価過ぎない事と、動かしやすいという事です。ファストファッション、洋服同様、収納用品類も安くて良い物が沢山ありますので遠慮なく使いきれる価格と移動のしやすさなどを意識することも長く使いまわせる物選びに大切ではないかと考えます。

  

おわりに

収納用品はまるっと全部買い替える!というタイミングはありません。生活に合わせて少しずつ増えては減りを繰り返していきます。ただ、そのスピードは衣類などと比べるとゆったりです。年単位で使用する事になりますし、それが同じ場所でとも限りません。なるべく長く使いまわせる物を上手に選びましょう。

ライター:SHOKO

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

関連記事