寿命ってどのくらい?まな板の買い替え時期の見極め方

数ある調理器具の中でも、特に使用頻度の高いのが、まな板ですよね。いったいどのくらい使い続けられるものなのでしょうか?よく使うだけに、まな板の寿命については、やはり気になるものですよね。そこで今回は、まな板の寿命と買い替え時期の見極め方、正しいお手入れ方法についてご紹介します。

 

■まな板の寿命について

まな板の寿命については、通常は、木製のまな板で6年~7年、プラスチック製のまな板で2年程度がおおよその目安と考えられています。 

ただ、厳密には、使用頻度や扱い方、お手入れの仕方などによって、寿命にかなりの差が生じてきます。例えば、使用頻度が高く、扱い方がぞんざいで、お手入れも不十分だった場合は、当然、寿命が短くなりますし、逆に、使用頻度が低く、扱い方も丁寧で、お手入れが十分であった場合は、寿命が長くなります。

 

■まな板の買い替え時期の見極め方

きちんと正しい手入れをしているのにもかかわらず、黒ずみなどの汚れが落ちなくなった場合、まな板の表面がすり減ってしまった場合、まな板が歪んでしまった場合などは、買い替えの時期が来たと判断できます。

 買い替えの必要があるのに、そのまま使い続けると、雑菌やカビだらけになって大変不衛生ですし、食中毒のリスクが生じます。さらに包丁も使いづらくなるため、誤ってまな板の上を包丁が滑ってしまうなどして、指を切る怖れも。

また、見るからにくたびれたまな板を使っていると、テンションも下がります。使用頻度が高いだけに、その影響は思いのほか大きくなりますよ。

 

■長く使用するための正しい使い方とお手入れ 

1.木製のまな板の場合

木製のまな板は、表面に包丁の刃の細かな傷がつきやすいため、長く使用するためには、正しい使い方と手入れが特に重要になります。

まな板を使用する前は、汚れをつきにくくするために、まな板の両面を水で濡らしてから、軽く水分を拭き取ります。また使った跡は、すぐに水で流してから水気を拭き取ります。

 肉や魚を切った場合は、洗剤で汚れを落とした後、タワシでよくこすり、水でよくすすいでから水気を拭き取ります。その後、殺菌のために熱湯を回しかけておくと安心です。

 日陰の風通しのよい場所に立てかけて、よく乾燥させてから、保管します。直射日光に当てたり、乾燥機にかけるのはNGで、寿命を縮めることになります。木製のまな板は、漂白剤が使えません。表面が黒ずんできた場合は、やすりやカンナで削ってお手入れしましょう。 

2.プラスチック製のまな板の場合

普段の使い方は、木製のまな板の場合と、ほぼ同じです。食器洗い乾燥機が使えるタイプも多いです。ただ、表面に細かなキズをつけてしまうので、タワシでこするのはNGです。 

表面が黒ずんできた場合は、漂白剤を使用すれば、スッキリきれいに落とせます。木製のまな板に比べると、お手入れが楽な点が魅力です。

  

おわりに

まな板の買い替え時期の見極め方や、長く使用するためのお手入れ方法についてご紹介しました。まな板は、よく使う分愛着もわきやすい調理器具でもあります。なるべく長く愛用するためにも、正しいお手入れを心がけましょう。

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事