やっぱり寿命は値段に比例するの?フライパンの買い替え時期について

毎日の調理に欠かせないフライパン。買い替え時期がよくわからずに、そのまま使っているというケースは思いのほか多いようです。フライパンの買い替え時期は、フライパンの種類によってかなり違います。そこで今回は、フライパンの買い替え時期の目安について、主な種類ごとにご紹介します。

■フライパンの寿命は値段に比例するの?

 一概にそうとはいえないようですが、 いわゆる「安物買いの銭失い」で、どのような種類であれ、一般的に、値段の安いフライパンは、品質や耐久性に問題がある場合が多いため、寿命が短く、買い替え時期も早目に訪れる傾向があるようです。ただし、ここでいう値段とは、あくまでも定価のことで、割引で安くなったお値段のことではありません。 

また、値段の安さ以外にも、日頃の扱い方やお手入れの仕方などに問題があった場合も、フライパンの寿命を縮め、買い替え時期を早めてしまうことになるようです。 

■買い替え時期の目安      フッ素樹脂加工(テフロン加工)のフライパンの場合

フッ素樹脂でフライパンの表面をコーティングされているフライパンは、食材がこびりつきにくい、油なしで調理できる、手入れが簡単、お値段がリーズナブルなどの理由から、高い支持を得て、最も多く使われているフライパンになります。

コーティングが剥がれ、素地が見えてしまった時が、買い替え時期になります。コーティングが剥がれても、使えることは使えます。しかし、食材がこびりつく、油なしでは焦げ付くなど、様々な支障が生じ、使い勝手が極端に悪くなるようです。

 空焚きする、金属タワシでゴシゴシ洗う、鉄ベラを使用する、強火で調理するなど、使い方を間違うと、コーティングがすぐに剥がれ、買い替え時期を早めることになるので気をつけましょう。

  

■買い替え時期の目安       鉄のフライパンの場合

高温での調理が可能で、炒めものや焼き物には最適で、短時間で美味しく仕上げることができる点が一番の魅力となるフライパンです。

テフロン加工のフライパンに比べると、重くて使いづらい、手入れ(焼き込みや油慣らしなど)に手間がかかる、食材が焦げ付きやすい、サビやすいなどの理由から、どちらかといえば、一般家庭では、敬遠されやすい傾向にあるようです。正しい使い方と手入れを怠らない限りは、基本的に買い替えの必要はなく、使い続けることが十分に可能です。 

ただ、やはり使い続けていくうちに、製品によっては、取っ手の接合部分が緩んで持ちにくくなる、フライパンの底が歪む、などの変化が生じます。そのような変化が生じた時が、買い替え時期を知らせる、一応の目安となるようです。 

■フライパンの買い替え時期の目安    ステンレス製の場合

見た目がスタイリッシュ、耐久性がありサビにくい、冷めにくいため予熱調理が可能などのメリットがあり、料理にこだわりのある方に人気のフライパンです。 

鉄のフライパンと同様に、正しい使い方と手入れを怠らなければ、一生使い続けることも十分に可能です。ただし、食材がこびりつきやすく、焦げやすいため、非常に扱いづらく、慣れるまで時間がかかるようです。そのため、買ったはいいものの、あまりにも使いづらく、結局、そのことが理由で、他のもっと使いやすいフライパンに買い替えてしまうケースも珍しくないようです。

  

おわりに

フライパンの買い替え時期の目安についてご紹介しました。フライパンは、種類に関係なく、正しい使い方と手入れを続けていれば、 買い替えの時期を、大幅に遅らせることができるようですね。

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事