こうすればもっと長く使える!種類別フライパンの手入れ方法

 調理器具として、ほぼ毎日のように使っているのフライパン。使い続けていくうちに愛着も生まれ、なるべく長く使い続けたいと思ってしまうものですよね。そこで今回は、そんなご要望にお応えすべく、フライパンを長持ちさせるために必要な手入れ方法を、種類別(フッ素樹脂加工と鉄製)にご紹介します。 

■フッ素樹脂加工(テフロン加工)のフライパンの手入れ方法

最もポピュラーで、最も多く使われているフライパンです。フライパンの表面がフッ素樹脂でコーティングされているため、食材がこびりつかず、油なしでも調理可能で、抜群に使いやすい点が魅力です。 

ただ、コーティングが剥がれてしまうと、コーティングの恩恵が得られなくなり、一転して、使いづらいフライパンになってしまうので、買い替えが必要になります。

コーティングが剥がれやすくなるために、空焚きや強火での調理はNGです。また、調理の際には、金属製のへらなどは使用できません。木製やシリコン製の柔らかな素材を選びましょう。 

長く使うための手入れ方法

調理後にすぐに水をかけるのは、厳禁です。調理後は、油汚れが固まる前に、さっとキッチンペーパーや新聞紙などで、汚れを拭き取っておきます。こうすることで、少量の洗剤で軽く洗うだけでキレイにできます。

コーティングを剥がす怖れがあるので、金属たわしや研磨剤入りのたわしの使用は避け、やわらかいスポンジを使用して洗いましょう。

調理後は、食材を入れっぱなしにせず、速やかに別の容器に移すことも重要です。

 

■鉄のフライパンの手入れ方法

高温での調理が可能で、調理の時短に貢献できます。また、不足しがちな鉄分の補給ができるという点でも最近注目されています。ただ、お手入れに手間がかかり、食材がこびりつきやすく、焦げやすいため、慣れるまでそれ相応の時間が必要になるようです。

また鉄のフライパンは、購入してから、実際に使用する前に、油慣らしが必要になります。 

油慣らしの方法

1.フライパンを強火にかけ、表面が青みを帯びるまで空焚きします。

2.たっぷりの油(大さじ2~3杯程度)注ぎ、野菜くずなどを軽く炒めてから、火を止めます。

3.野菜くずを捨てた後、水で洗います

4.再びフライパンを火にかけ、水気を飛ばした後、油をかけ全体をなじませます。

以上で油ならしは完了です。

長く使うための手入れ方法

調理後は、まだ熱いうちに、たわしを使って水洗いします。洗剤の使用は、表面の油膜をはがしてしまうのでNGです。フライパンが冷めてしまった場合は、お湯で洗うと汚れが落ちやすいです。

洗った後は、強火にかけて水けを飛ばした後、油をかけ全体になじませておきましょう。

 水気がついたままの状態で保管するとすぐにサビてしまうので要注意です。ただ、万が一サビてしまった場合でも、金属たわしでこすれば、比較的容易に落とすことが出きます。サビを落とした後は、空焚きと油慣らしをお忘れなく! 

 

おわりに

  フライパンの種類別の手入れ方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?正しい使い方と正しい手入れ方法を続ければ、お手持ちのフライパンを、長く愛用することができますよ。

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事