もしかして間違ってない?雑菌を寄せ付けないザルの正しい洗い方

水切りやお湯切りなど、日々の調理に欠かせないザルですが、正しく洗えていないケースが意外と多いようです。またすぐに使うからと、適当にサッと洗っておしまいにしていませんか?ザルは、洗い方が不十分ですと、雑菌の温床となってしまい、大変に不衛生です。そこで今回は、雑菌を寄せ付けないザルの正しい洗い方をご紹介します。

■ザルは使ったらすぐに洗う!

ザルは使ったら、すぐに洗うのが鉄則です。後から洗おうと、とりあえず水につけておくのは、基本的にNGです。洗わずに放置すればするほど雑記が繁殖してしまいます。ちなみに、ザルを、一晩水につけた状態で放置している間に、なんと、500倍近くも雑菌が増えてしまうということです。 

パスタやうどんなどのお湯切りでザルを使った場合は、そのまま放置するとデンプン質が固まって目詰まりしやすいので、すぐに水につける必要がありますが、うっかりそのままつけっぱなしにせずに、速やかに洗い終えるようにしましょう。 

洗剤を入れて漬け置き洗いする場合も、漬け置きする時間は、長くても1時間程度で切り上げましょう。

 

■ザルの正しい洗い方

とにかく汚れを徹底的に落とすことが、雑菌を寄せ付けないための最も重要なポイントになります。特に汚れ残しが生じやすい、網の目や縁の部分、底の部分は念入りに洗いましょう。

ザルは網の目に、汚れがつまりやすく、スポンジでは、なかなか上手に落とせないため、ステンレス製や天然素材のザルの場合は、タワシの使用が最適です。プラスチック製のザルの場合は、タワシを使うと傷つく怖れがあるので、柔らかめのブラシの使用をおすすめします。

また、縁の内側や底の部分など細かな汚れは、歯ブラシを使うと便利ですよ。 

正しいザル洗い方の手順は以下の通りです。 

1.洗い桶にぬるま湯と食器洗い用洗剤を入れよく混ぜた後、ザルを入れます。

2.タワシあるいは柔かいブラシを使って網の目をこすり洗いします

 (傷つきやすい素材であるプラスチック製のザルの場合は、ゴシゴシ洗いは禁物です。キズがつくとそこから菌が侵入し繁殖を助長することになります) 

3.歯ブラシを使って縁や底の部分の汚れを落とします

4.流水でよくすすぎます

5.水気をよく切り、風通しのよいろことに立てかけてよく乾燥させます 

 

天然素材のザルの場合は、油汚れがつかない限りは、洗剤を使用せずに、水を流しながらタワシでのこすり洗いがおすすめです。

■定期的に除菌をすればなお効果的!

ステンレス製のザルの場合は、洗った後に、仕上げに熱湯を回しかけておくと、乾きも早いですし、殺菌効果も期待できます。

プラスチック製のザルの場合は、熱湯をかけると変質する怖れがあるため、定期的に酸素系の漂白剤を使って除菌しましょう。

天然素材のザルはよく乾燥させてから、短時間の天日干し(日光消毒)が適しています。

濡れた状態でいきなり日光に当てると、ひび割れの怖れがあるため、天日干しする際は、十分にと乾かしておくことが重要です。

 

おわりに

  雑菌を寄せ付けないザルの正しい洗い方についてご理解いただけましたか?野菜などは、ザルで水切りした後、すぐに口にすることも多いため、正しいザルの洗い方を実践し、いつも清潔な状態をキープしておきましょう。

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事