ベストなタイミングを知りたい! カトラリーの買い替え時期の目安とは

毎日の食卓に欠かせないカトラリーですが、買い替え時期についてよくわからない、という方も多いのではないでしょうか?多くの場合、カトラリーは金属製のため、そうそう壊れるものでもありませんよね。そこで今回は、ベストなタイミングといえるカトラリーの買い替え時期の目安についてご紹介します。

■そもそもカトラリーって何?

  カトラリーとは、ナイフやスプーン、フォークなどの洋食器の総称のことです。カトラリーは、元々は、英語のcutleryの綴りからおわかりいただけるように、cut=切るもの=ナイフ類のことを意味していましたが、今では、フォークやスプーンも含めて、カトラリーと呼ばれるようになっています。 

ちなみに日本では、木製のサーバーやトング、コースター、箸、箸置きなど、食卓で使われる小物類をすべてカトラリーに含まれる場合もあるようです。

 カトラリーの種類は、料理ごとに使い分けられているために、およそ40種類以上ととても豊富ですが、日本の一般家庭で必要なカトラリーは、基本的に、デザートナイフ、デザートフォーク、デザートスプーン、ティースプーン、ケーキフォークの5種類で十分に間に合うと考えられています。

 頭にデザートがついていても、必ずしも、デザート専用というわけではなく、前菜やメインディッシュの際の使用も可能です。日本人は、一般的に欧米人に比べ体格が小さいため、ディナー用よりもデザート用のサイズが使いやすいようです。

 カトラリーの素材には、純銀、純白金、洋白銀、ステンレス製などがありますが、洋白銀、やステンレス製が一般的に多く使用されているようです。

 

■カトラリーの買い替え時期 ベストなタイミングについて

カトラリーの場合は、極めて丈夫で壊れにくいことから、使うこと自体に支障が生じることは、ほぼ、ありません。ですから、使えるうちは使うという考えをお持ちの場合は、基本的に買い替えは不要と考えても問題なさそうです。 

ただし、やはり消耗品なので、使い続けていくうちに、表面に細かなキズができる、光沢が失われる、細かなひびや欠けできるなどの変化があらわれます。そのような変化があらわれた場合は、使うこと自体に問題はなくても、一応、そのタイミングで買い替えを検討されてもよいでしょう。

また、長く使い続けていると、手にもなじみ愛着がわく場合ももちろんありますが、逆に、毎回同じだと、飽きてくる場合もあるでしょう。その場合も、気分を一新するために買い替えを検討されてもよいかもしれません。やはり、カトラリーは、よく使うものだけに、買い替えたことによるメリットは思いのほか大きくなるようです。

まさに、思い立ったが吉日で、マンネリを打破する上でも、飽きてきた時、あるいは気分を変えたい時こそが、まさにベストなタイミングといえるかもしれません。実際、カトラリーを一新したことで、料理の味が格段とよくなった!と驚くケースも。カトラリーを替えたことで、口当たりがよくなり、その結果、料理もより美味しく感じられるようになるのかもしれません。

  

おわりに

   カトラリーにも、いわゆるトレンドがあり、時代とともにフィルムやデザインなどもかなり異なっているようです。そのため、カトラリーの買い替えの時期をトレンドに合わせて決めるというのも一案です。ちなみに、最近は、細めかつ長めで、丸みのある、シンプルなデザインのものが人気のようです。

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事