食器の出し入れも超スムーズに!今すぐ試したい流し台下の収納テクニック

奥行きも高さもある流し台下は、調理器具や水回り用品、食器棚に入りにくい食器などを収納するのにとても便利ですよね。便利な反面、一歩間違えると、とても使いづらくなりやすいもの。そこで今回は、流し台下が使いやすくなるちょっとしたの収納テクニックをご紹介します。

■まずはその前に収納するモノを極力減らしましょう

流し台下は、収納スペースがたっぷりありますし、しかも扉を閉めると目隠しになるため、ついついいろんなものを無造作に詰め込んでしまいがちになりますよね。

流し台下は、奥行きがあるので、奥に押し込んだものはとても取りづらいですし、存在そのものを忘れされてしまう場合も少なくありません。

収納するモノが少なければ少ないほど、どこに何があるのか把握しやすくなるため、当然、出し入れもスムーズになりますよ。 

ちなみに、流し台下は、水回りで使うアイテム、鍋やフライパンなどの調理器具、食器棚に収まりにくい食器類などの収納に適しています。さらに、複数の鍋やフライパンがある場合は、使用頻度の高さを基準にして見極めを行いましょう。流し台下は、湿気が熱がこもりやすいため、衛生上、食品類の収納(特に乾物類)の収納には適していません。

 以上の点も考慮しながら、流し台下に収納するモノを厳選しましょう。 

■収納するモノの定位置を決める

収納するモノの厳選が終わったら、今度は、それらのモノをジャンル分けして、それぞれの定位置を決めましょう。収納スペースを区分けするということですね。定位置は、スペースをとる鍋類から先に決めてしまうとスムーズですよ。

 また高さも奥行もある流し台下は、棚を作って区分けする方法が効果的です。 

■デットスペースも大いに活かそう

流し台下は、その構造上、いわゆるデットスペースができやすいです。それらのデッドスペースを有効活用するためには、突っ張り棒が役に立ちますよ。

デッドスぺースのサイズに合った突っ張り棒さえ使用すれば、例えば、キッチンペーパーやラップ類のストック置き場、鍋のフタを挟み込む、タッパー類の保管などなど。アイデアも自由自在です。 

■ファイルボックスをフル活用

奥行きがある流し台下に、食器棚におさまりきれない食器(特に大皿)を収納する場合は多いことでしょう。流し台下にそれらの食器を収納する場合、奥にあるものが取りづらくなるのが一番の難点ですよね。特に奥に重ねて置いている場合はなおさらのこと。この難点は、ファイルボックスを活用することであっさり解決します。

書類整理に欠かせないファイルボックスは、皿類を収納するのにもとても便利なアイテムです。重ねずに立てて収納できるため、出し入れもファイルボックスごと行えば、欲しいお皿がすぐに取り出せますし、簡単に元に戻せます。奥行きにぴったり合うサイズのファイルボックスを選ぶのがポイントです。

食器のほかにも、定位置が決まりにくいフライパンを収納するのにも重宝しますよ。ファイルボックスの代わりに、ディッシュスタンドやブックスタンドを使用しても同様の効果が望めます。

 

おわりに

 いかがでしたか?今回ご紹介したテクニックにより、流し台下の食器をはじめ、収納したモノをすべてを、ストレスなく出し入れできるようになっていただければうれしいです。

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事