オシャレ度が格段とアップ!キッチンの床をシートでリメイクしよう

汚れやすく傷みが目立つのがキッチンの床ですよね。しかし、シートを使えば、簡単にリメイクできますよ。木目調やレンガ調、タイル調など、バリエーションも豊富で、お好きな柄を選んで、キッチンの床をオシャレに変身させてみませんか?そこで今回は、市販のシートを使ったキッチンの床のリメイク方法をご紹介します。

  

 ■手軽にリメイクしたならリメイクシートを

リメイクシートは、100均ショップなどでも入手可能な、サイズに合わせてカッティング可能で、貼って剥がすことができるシートです。「インテリアシート」などとも呼ばれています。リメイクシートは、デザインや種類が実に豊富なので、その中からお気に入りのシートがきっと見つかりますよ。

リメイクシートを使って、キッチンの床をリメイクする方法はいたって簡単で、以下の通りです。 

1.リメイクのために必要なモノを用意する

リメイクシート(キッチンの床のサイズに合わせて必要な枚数分を用意します)

定規

カッター

はさみ

カッティングマット(カッターを使用する際に床を保護するために使います)

マスキングテープ(太さ15~20mm)でリメイクシートの仮止めに使います 

2.床を乾拭きしててホコリを取り除く

一連の作業の中で一番重要なポイントです。ホコリが残っているとリメイクシートがはがれやすくなります。ホコリの溜まりやすい四隅は念入りに行いましょう。乾拭きだけでOKで、水拭きはNGです。 

3.リメイクシートをマスキングテープで仮止めしていく

床にリメイクシートを貼る前に、まず、リメイクシートをマスキングテープで仮止めしていきます。そうすることで、実際にリメイクシートを貼る際に、ズレたり曲がったりすることを防げます。

4.リメイクシートを貼り付ける

仮止めしたマスキングテープが剥がれないように、ゆっくりとリメイクシートの裏紙をはがして貼り付けていきます。10センチ程度ごとを目安にシートをはがし、ゆっくり少しずつ空気が入らないように貼っていくことがキレイに仕上げるコツです。 

最後まで貼り終えたら、あとはカッターで余分な部分をカットし、マスキングテープを撤去すれば作業は完了です。 

■より本格的にリメイクしたいならクッションフロアシートを

キッチンの床のリメイクは、クッションフロアシートを使っても、もちろんできます。クッションフロアシートは、通販で入手可能です。

リメイクシートを使う場合よりも、用意するものや作業が、やや大がかりになりますが、基本的な要領は、ほぼリメイクシートと同じです。

用意するもの

クッションフロアシート(キッチンの床のサイズに合ったシートを用意します)

カッター

マスキングテープ

クッションフロア用両面テープ(リメイクシートのように、シートをはがすようになっていないために必要)

クッションフロア用施工道具(施工に必要な道具一式がセットになって販売されています)

作業手順

床を乾拭きしてホコリを取り除いた後、クッションフロアの並びに平行に両面テープを貼っていきます。後は、両面テープの剥離紙を剥がし、その上にクッションフロアを張り付けていき、余分な部分をカットすれば完了です。作業過程に施工道具が必要になります。

  

おわりに

 お気に入りのシートを見つけて、キッチンの床のイメージチェンジにぜひチャレンジしていただければと思います。リメイクシートは、キッチンの床のほかにも、トイレや洗面所よ床にも使えます。また、壁紙としても使えますし、アイデア次第で、幅広く活用できる点がうれしいですね。

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事