ココがポイント! 赤ちゃんのための洗濯ハンガーの選び方

サイズがとても小さい赤ちゃんの衣類は、通常の洗濯ハンガーで干すと、無理に伸ばして干すことになるため、衣類そのものを傷めてしまいがち。できれば赤ちゃん専用の洗濯ハンガーを選ぶのが理想です。そこで今回は、赤ちゃんのための洗濯ハンガーを選ぶ際に押さえておきたいポイントをご紹介します。

 ■ポイントその1 あらかじめ洗濯ハンガーのタイプを把握しておく

赤ちゃん専用の洗濯ハンガーも、通常の洗濯ハンガーと同様に、各メーカーで、様々なタイプが取り揃えられています。例えば、ハンガーが一本だけの単体タイプ、ハンガーがいくつか繋がっている連結タイプ、衣類と一緒にタオル類がかけられるタイプ、一本にフックがついているタイプなどなど。

あらかじめ洗濯ハンガーのタイプを把握しておけば、選ぶ際の効率がとてもよくなりますよ。

■ポイント その2 赤ちゃんの洗濯物の量に合わせる

あらかじめ赤ちゃんの洗濯物の量を把握し、その量に対応できる洗濯ハンガーを選ぶことも、外せないポイントです。

 例えば、単体タイプの洗濯ハンガーを選ぶ場合も、あらかじめ洗濯物の量を把握しておけば、何本程度必要になるか、見当がつきやすいです。ただ、通常、赤ちゃんの衣類は、ミルクの吐き戻しや食べこぼしなど、なにかと汚れやすく、必然的に洗濯物の量が多くなるので、できれば、なるべくたくさん干せるタイプの洗濯ハンガーから、選ぶようにされるとよいかもしれません。

 

■ポイントその3 赤ちゃんの成長を考慮する

赤ちゃんは、日に日に大きくなっていくため、赤ちゃんの時期は、思いのほか短いものです。赤ちゃんの時期だけ使えればそれでいいと考えるか、赤ちゃんの時期が過ぎてもなるべく長い間使いたいと考えるのか、考え方によって洗濯ハンガーの選び方も異なってきます。

一般的には、赤ちゃんの時期だけ使える洗濯ハンガーよりも、その後も使い続けられるタイプの洗濯ハンガーの需要が多いようです。そのため、サイズが自由に調整できるタイプの洗濯ハンガーは、やはり多くのママたちの支持を得ています。

 

■ポイントその4  機能面のよしあし

使わないときは折りたためる、風に飛ばされないように工夫されている、衣類がずり落ちないようにすべり止めがついているなど、機能面のよしあしについても忘れずにチェックしておきましょう。

 

■ポイントその5 好みのデザインか否か

洗濯ハンガーは、ほぼ毎日使用するものなので、やはり好みのデザインを選ぶことも大切なポイントになるでしょう。デザインが気に入ると気に入らないとでは、洗濯物を干す際のテンションに大きく違ってくるものです。 

ほぼ毎日のことなので、たとえ他のポイントを全てクリアできている洗濯ハンガーであったとしても、その差は思いのほか大きくなりますよ。

おわりに

 赤ちゃん専用の洗濯ハンガーというわけではありませんが、パラソルハンガーは、赤ちゃんの洗濯物を干すのにとても重宝する一品です。使わないときもコンパクトにたためますし、赤ちゃんの衣類以外にも、タオル類や下着類などを干すのにも便利なので、洗濯ハンガー選びの際には、ぜひ候補の対象に加えていただければと思います。

 

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事