意外な盲点!トイレのニオイの原因は忘れがちな掃除箇所にあり

トイレ掃除を小まめにしているのに、さっぱりニオイがとれないということはありませんか?実は、トイレは、お掃除を忘れがちな箇所ができやすく、その箇所がニオイの発生源になっているケースが多々あるようです。そこで今回は、トイレで忘れがちな掃除箇所とお掃除方法をご紹介します。 

■温水洗浄付き便座のノズル部分

便器を小まめに掃除していても、温水洗浄装置付き便座のノズルの部分はついつい掃除を忘れがちになるようです。しかし、このノズルの部分は思いのほか汚れやすく、お掃除せずにいると、そこから雑菌が繁殖して嫌なニオイを放つことになります。

ノズルの自動洗浄機能が付いている場合でも、うっかり見落としていて操作ボタンを押さないままでいることも多いので、まずは、操作パネルを見て、ノズルの洗浄機能があるかどうか確認してみましょう。

 ノズルの自動洗浄機能がある場合は、操作ボタンを押すだけで、あとは勝手にお掃除してもらえるので便利です。

自動洗浄機能がついていない場合は、直接ノズルをお掃除する必要があります。ノズルのお掃除は、使い古しの歯ブラシで、優しく丁寧に汚れをこすり落とすという方法が効果的です。仕上げに、ノズルにアルコールを吹きかけてトイレットペーパで拭き取っておけば除菌も完了です。

■トイレの壁

便器はこまめにお掃除しても、トイレの壁となると、ついついお掃除を忘れがちになってしまうようです。実は、壁は、尿の飛び散りやホコリにより、便器に劣らず汚れやすい箇所でもあるのです。しかも、1個1個の尿の飛び散りは肉眼では見えにくいため、気付かずにそのまま放置しがちです。その尿の飛び散りとホコリが混じって、そこに雑菌が繁殖した場合、強烈な悪臭を放つことになります。

 トイレの壁の汚れは、重曹水とクエン酸水の合わせ技で、スッキリキレイに落とせますよ。重曹水は、スプレー容器にぬるま湯200mlと重曹粉末大さじ1を混ぜるだけ、クエン酸水は、スプレー容器に水200mlとクエン酸粉末小さじ1を混ぜるだけ、と、どちらも簡単に作ることができます。

 お掃除方法も、雑巾に重曹水やクエン酸水をスプレーして拭いていくだけと、とても簡単です。気になる汚れには直接スプレーしてトイレットペーパー等で拭き取るという方法を試してみましょう。

黄ばみや水垢の汚れにはクエン酸水が、黒ずみや手垢の汚れには、重曹水がそれぞれ効果的です。汚れを見極めて上手く使い分けるのがポイントです。

 

■便器のフタ

便器は掃除しても、フタはついついお掃除を忘れがちで汚れが放置されやすいです。フタの部分は、重曹スプレーを吹き付けて、乾いた雑巾やトイレットペーパーなどで汚れを拭き取った後、仕上げに水拭きと乾拭きをすれば完了です。

 

おわりに

  トイレで忘れがちな掃除箇所についておわかりいただけましたか?もしうっかり見落としていた場合は、これを機にぜひお掃除してみてくださいね。嫌なニオイをスッキリ解消できるかもしれませんよ。

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事