高い所のホコリは危険?カーテンレールの掃除はここに気をつけて

何かと見落とされやすいのが、カーテンレールのお掃除ですよね。しかし、カーテンレールのように高い所にある掃除は、その方法を間違ってしまうと、健康リスクが増大してしまうので注意が必要です。そこで今回は、久々にカーテンレールをお掃除する際にぜひとも気をつけていただきたい点についてご紹介します。 

■高い所にあるホコリが超危険な理由

  カーテンレールや棚の上などの高い所にあるホコリが腸危険なのは、手が届きにくいためにお掃除を放置されやすいからに他なりません。放置されている間に、それらのホコリを栄養源として、雑菌やカビが増殖してしまうと、病気のリスクを高める超危険なホコリになってしまうのです。

ちなみに、カーテンレールなどの高い所にあるホコリ1グラムには、7万~8万個の細菌と意万個のカビが存在しているというデータ(株式会社花王調べ)が報告されています。

 また、スギ花粉などの粒子は非常に小さいため、空中に浮遊しやすく、シーズン以外でもカーテンレールのホコリに潜んでいる場合も!

 久々にカーテンレールをお掃除しようとして、しかもそのお掃除方法を間違ってしまうと、それらのホコリに存在する病原菌やカビ、スギ花粉などを部屋中に撒き散らしてしまうことになりかねないということです。 

■カーテンレールの掃除はココに気を付けて

1.掃除用具の選び方

長い間放置したカーテンレールのホコリを取り除くために、はたきをかけたり、ハンディモップを使ったりするのは、極力控えるようにしましょう。危険なホコリを飛散させてしまうリスクがあるからです。

そのようなリスクを最小限に抑えるためにも、ホコリを飛散させずに取り除ける掃除道具選びには特に気を付けたいものです。

おすすめなのが、窓のお掃除に使用する、水切りのためのスクイージーです。スクイージーをそのまま使用するのではなく、はさみなどでゴムの部分に5mm間隔で切り込みを入れてホコリ取り用に改造するのがポイントです。

スクイージーのゴムの部分をごくごく軽く湿らせ、それでカーテンレールの上を一方向に引いてみましょう。切り込みの部分が、ホコリを絡みとり、飛散するリスクを大幅に抑えてくれますよ。

スクイージーは、100円ショップで入手可能です。

2.水拭きしない

カーテンレールが基本的に水拭きはNGです。濡れた雑巾などで拭き掃除すると、ホコリがカーテンレール全体に塗り広げられてしまうからです。拭き掃除をする場合は、マイクロファイバークロスを使用しての乾拭きがおすすめです。 

3.力を入れてゴシゴシこすらない

 汚れを落とそうと、思いっきり力を入れてゴシゴシこすると、その勢いで、危険なホコリを舞い上がらせることになります。舞い上がらせることなくカーテンレールのホコリを確実に取り除くためには、「掃除用具に汚れを密着させた状態で、ゆっくりと手前に動かす」というやり方を厳守しましょう。

 

おわりに

  せっかく重い腰を上げてお掃除したのに、かえって健康を損ねてしまってはまさに本末転倒ですよね。久々にカーテンレールをお掃除される際には、ぜひ今回ご紹介した点に気を付けていただければと思います。

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事