知っているのといないのとでは大違い!洗濯物を干す時間帯のベストとは

洗濯物を屋外で干す場合、干す時間帯によって、乾き具合が大きく違ってきます。もちろん、その日の天候の状態も大きく関わってきますが、やはり、しっかりと乾かしたい場合は、ベストといえる時間帯に干しておくのが一番です。この件についてこれから詳しくご紹介します。 

 ■洗濯物を干す時間帯のベストとは

 洗濯物を干す時間帯のベストは、厳密には、季節をはじめその日の日差し、気温、湿度の状態によって変わってきますが、晴天で、午前9時~午後3時がベストな時間帯です。ちなみに冬場は、午前8時~午後2時半と若干前倒しの時間帯になります。

長く干せば干すほどよく乾くというわけではありませんし、早めに干せば、その分、早く乾くというわけでもありません。

 日差しが強い、気温が高い、風が強いなどの条件がそろったときが、洗濯物は最もよく乾きます。冬よりも夏の方が乾きやすいのはこのためです。特に夏場は、3時間程度で乾いてしまうこともよくあります。

 午後3時以降の時間帯は、日差しも弱くなり、湿度も上がってくるので、長く干せば干すほど、洗濯物が湿っぽくなりやすいです。

 

■ベストな時間帯に洗濯物を干せない場合はどうする?

では、仕事や外出する予定があるなどなど。様々な事情により、ベストな時間帯に洗濯物を干せない場合、あるいは干せても取り込むのが大幅に遅くなってしまう場合は、いったいどうすればよいのでしょうか?

そのような場合は、洗濯物を取り込んだ後に、洗濯物の乾き具合をチェックし、まだ乾きが不十分である場合のみ、しっかりと乾かすようにすれば大丈夫です。(ベストな時間帯に干せなかったり、取り込むのが遅くなったりした場合でも、絶対に乾かないというわけではありませんし、乾いている場合ももちろん起こり得ますよ。)

通常は、取り込んだ後、部屋に干しておけば、2~3時間あれば十分に乾きます。もっとスピーディかつしっかりと乾かしい場合は、以下のような方法が効果的です。

1.扇風機を当てる

扇風機を当てて湿気を飛ばすことでよく乾きます。洗濯物の量がそれほど多くない場合は、ドライヤー当てて乾かすという方法も一案です。

2アイロンをかける

アイロンから出る高温の熱が、湿気を飛ばすことができます。シワも伸ばせますし、殺菌効果もあるので生乾きの臭いも防げますよ。ただし、素材によってはアイロンがけがNGの場合もあるので、その点は事前にご確認願います。 

3.エアコンを活用する

エアコンのある部屋に取り込んだ洗濯物を干し、あとは冷房、暖房、除湿モードのいずれかを選択して稼働させれば、よりスピーディに乾かすことが可能です。浴室暖房乾燥機がある場合は、浴室に干して乾かすという方法も一案です。

 

おわりに

無駄な労力を省くためには、やはり洗濯物はベストな時間帯に干しておくのが一番ですよね。ちなみに、お布団を干す時間帯は洗濯物を干す時間帯と若干異なります。夏は午前9時から11時、冬は正午前後がベストな時間帯です。ただ、前日が雨の日の場合は、晴天であっても布団干しには適さないのでご注意願います。

 

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事