新しくなった洗濯表示は海外共通!旧表示との違いはココ

2016年から洗濯表示マークが新しいものに変更されました。旧洗濯表示マークが日本国内だけで通用していたのに対して、新洗濯表示マークは、海外でも通用することになりました。今はまだ、見慣れないマークに戸惑ってしまうことも多いかもしれません、そこで今回は、新洗濯表示マークの旧表示マークとの違いについてご紹介します。

 ■洗濯表示マークもグローバル化で世界共通に!

 実は、これまで使用されてきた旧洗濯表示マークは、 日本国内でしか通用しないマークでした。そのため、輸出入の際に、洗濯表示のタグを付け替える必要が生じることをはじめ、海外旅行で衣料品を購入した場合、洗濯の方法がわからないなど、何かと不都合なことが多くあったようです。 

そのような経緯もあって、2016年に洗濯表示のマークを、国際標準化機構(ISO)の規格国際規格に統一させるということが決定しました。ちなみに、国際標準化機構の規格の方も、日本のことを考慮して、新しいものに改正されたようです。

  

■旧表示との違いその1  分類の仕方と種類

旧表示マークは、6分類の22種類でしたが、新洗濯表示マークは、7分類の41種類になっています。

旧洗濯表示マークは、洗い方に関するマーク(7種類)、漂白可否に関するマーク(2種類)

アイロンのかけ方に関するマーク(4種類)、ドライクリーニングに関するマーク(3種類)干し方に関するマーク(4種類)、絞り方に関するマーク(4種類)でした。

新洗濯表示マークは、洗濯処理に関するマーク(14種類)、漂白処理に関するマーク(3種類)、タンブル乾燥に関するマーク(3種類)、自然乾燥に関するマーク(8種類)アイロン仕上げに関するマーク(4種類)、ドライクリーニングに関するマーク(5種類)ウエットクリーニングに関する(4種類)と、分類の仕方も変わっています。

 

■旧表示との違いその2   図柄

当然ですが、図柄も旧表示とは大幅に違っています。洗濯機のマークや手洗い表示のマーク、フラスコマーク、ハンガーで吊るされた衣類のマークなどは廃止されました。

 新洗濯表示マークの図柄は、洗濯おけ、三角形、四角形、アイロン、円の5パターンが基本となっています。

 1.洗濯おけ

家庭での洗濯の仕方を示しているマークです。 

2.三角形

漂白剤の使用等に関するマークです 

3.四角形

乾燥の仕方に関するマークです。〇と縦線を使用して、タンブル乾燥と自然乾燥にさらに分かれます。

4.アイロン

アイロンの仕方に関するマークです。旧表示では、「高」「中」「低」と日本語で表記されていましたが、新表示は、点(ドット)の数で表記されるようになっています。ドットの数が3で上限200℃、ドットの数が2で、150℃、ドットの数が1で上限110℃です。

5.円

クリーニングに関するマークです。ドライクリーニングに加え、ウエットクリーニングに関する表示が加わりました。「ドライ」という日本語表記の代わりに、PFWで表記されるようになっています。

 

 おわりに

   新洗濯表示マークは、海外と共通になったために、海外で洋服を買う際に、洗濯表示を見て洗濯の仕方がすぐにわかるというメリットがあります。基本の5つのマークを把握しておけば、あとは、比較的簡単に覚えることができますし、よりきめ細やかな洗濯が可能になる点もうれしいですね。

 

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事