洗剤要らずの秘策はコレ!お風呂の床の白い汚れの落とし方

こまめにお掃除していても、お風呂の床の白い汚れは、通常のお風呂用洗剤では落としにくいため、残りやすいです。白い汚れをそのまま放置すると、汚れが凝り固まったり、広がったりして、ますます落としにくくなります。そこで今回は、洗剤を使用せずにお風呂の床の白い汚れを落とす秘策についてご紹介します。

 ■まずは、お風呂の床の白い汚れの正体を知ろう!

  お風呂の床の白い汚れの正体は、水垢の積み重なりです。水垢は、お風呂の床の表面に付いた水滴に含まれるミネラル分(カルシウムやマグネシウムなど)が固まったものです。お風呂の床に床に付着した水滴は、時間が経つと、水分だけが蒸発し、ミネラル分は残ってしまいます。

 お風呂の床は、絶えず水やお湯にさらされている環境にあるため、水垢ができやすいです。それらの水垢が、毎日少しずつ積み重なることで、やがて、白い汚れとなって床にこびりついてしまいます。

水垢は、できてすぐなら、比較的容易に落とすことができます、しかし、白い汚れになるまで積み重なってしまった水垢は、通常のお風呂用の中性洗剤では、落としづらく、お手上げ状態になりやすいのです。

 これは、水垢は、アルカリ性の性質を持つ汚れのため、お風呂用の中性洗剤では、汚れをうまく分解できないからです。 

■お手上げ状態のお風呂の床の白い汚れを落とす秘策はコレ

アルカリ性の性質をもつ汚れは、酸性の性質を持つお酢やクエン酸粉末を使用すると、汚れが中和され、容易に落とすことが可能になります。 

以下の手順でお掃除を進めてみましょう。 

1.クエン酸水を作る

スプレー容器に、水200mlを入れ、そこにクエン酸粉末小さじ1を溶かして、よく混ぜれば出来上がりです。スプレー容器に、同量の水とお酢を混ぜたものでもOKです。 

2.白い汚れにクエン酸水をスプレーし放置する

白い汚れにクエン酸水をスプレーして、その上にキッチンぺーパーをかぶせ、しばらくお放置します。放置する時間は2時間以上が一応の目安です。放置する時間は長ければ長いほど汚れが落ちやすいです。

3.ブラシでこする

放置後、キッチンぺーパーを剥がし、ブラシでこすり落とします。ブラシの代わりにメラミンスポンジやアクリルタワシなどの使用も可能です。

後は、水ですすぎ、水分を拭き取り、よく乾燥させれば完了です。

 

■ただし、ここに注意!

  クエン酸やお酢を使用して、お風呂の床掃除をする場合は、塩素系のカビとり剤との同時使用は絶対に避けましょう。これは、塩素系のカビ取り剤と酸性の性質の物質を混ぜてしまうと、有毒ガスが発生する怖れがあるためです。

カビ取り剤を使用する場合は、酸性の成分が残らないようによく水で流しておきましょう。 

カビ取り剤の代わりに、重曹を使うと安心です。

 

おわりに

  お風呂の床の白い汚れをつきにくくするためには、換気を徹底させて、できる限り水気を、とっておくように心がけましょう。お風呂から出る時に、床全体にシャワーを回しかけた後、軽く水気を拭き取っておくのも一定の効果が期待できますよ。

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事