散らかりやすい子供部屋がスッキリ片付く!収納ボックス活用術

  何かと散らかりやすい子供部屋。片付けにお悩みのママは、たくさんいらっしゃることでしょう。しかし、そのお悩みは、収納ボックスをうまく活用することで、解消することが可能です。そこで今回は、ぜひ一度お試しいただきたい、子供部屋の片付けに大いに役立つ収納ボックスの活用術をご紹介します。 

■お片付け専用ボックスとして活用

ある意味、収納ボックスの王道といる活用術かもしれません。お片付け専用のボックスとは、その名の通り、子供部屋の散らかっているものを片付けるためだけに使うボックスのことです。

絵本やおもちゃなど、子供部屋を散らかしているモノを一つ一つ定位置に戻す時間がないときに、お片付け専用のボックスがあれば、とりあえず、まとめてそこにストックしておくことができます。急いで子供部屋をお掃除したいときなどに重宝しますよ。

 また、お片付け専用のボックスがあると、お子さんにも片付けてもらいやすいです。カラーもサイズも素材も豊富な収納ボックスの中から、お子さんの好みの色やデザイン、お子さんでも出し入れしやすいサイズのものを選ぶようにしましょう。

ただし、お片付け専用ボックスは、あくまでも一時的に使用するためのものです。便利なあまりに、お片付け専用ボックスに頼りすぎてしまうことのないように。時間があるときに、ストックしたものを定位置に戻すというルールを設けておくようにしたいものです。

 

■絵本やおもちゃなどの片付けに活用

深さのある縦置きタイプの収納ボックスは、横に倒すことで、サイズがバラバラで散らかりやすい絵本やおもちゃなどの片付けに、とても重宝しますよ。

横に倒すことで、すべてお子さんの手の届く位置に収納スペースを作ることができます。そうすることで、お子さんも、絵本の出し入れがとても楽になり、片付け作業もスムーズに進めることが可能です。

 

■クローゼットとして活用

収納ボックスをクロ―ゼットとして活用することで、散らかりやすい衣類もスッキリと片付けることができますよ。

 3段タイプになっている収納ボックス(カラーボックス)を使って、一番上の棚板を移動させて、お子さんの衣類がかけられるスペースを作ります。あとは、衣類をかけられるように、突っ張り棒を取り付ければ、クローゼットの完成です。

さらに2段目、3段目のスペースに収まる大きさの収納ボックスを設置すれば、引き出しとして使えます。メーカーによっては、専用のインナーボックスが用意されている場合もあります。収納ボックスの代わりにバスケットなどを置いて変化をつけても楽しいかもしれませんね。

 

  おわりに

   子供部屋の片付けや収納は、ママが何もかも一人で行わずに、お子さんと一緒に行うことが望ましいです。一緒に行うことで、お子さんに片付けや収納の習慣が自然と身についていきます。ゆくゆくは、お子さん一人で、収納ボックスを上手に使って、子供部屋を片付けてもらえるようにしましょう。

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事