汚れたままにしてませんか?蛇口の掃除は見落とすと危険

 キッチンのシンクや洗面所をお掃除する際に、意外と見落とされてしまう箇所が蛇口です。実は蛇口のお掃除を放置すると、水の出る箇所に黒カビが繁殖する怖れがあります。体内に取り込むことにでもなれば、健康を損ねる心配も。そこで、今回は、見落とすと危険な蛇口のお掃除方法についてご紹介します。

■実は蛇口は汚れやすい

 蛇口には、水垢や洗剤の飛び散り、手垢や皮脂などの汚れが付着しやすいです。これらの汚れを栄養として、黒カビも繁殖します。

水垢は、水垢は、水道水に含まれるカルシウムやミネラルが乾燥した固まりですが、特に蛇口の水が出る付近に付着しやすいです。手垢や皮脂の汚れは、蛇口のひねる部分に付着しやすいです。

 蛇口は光沢があるため、これらの汚れは、思いのほか目立ちにくく、普段、あまり気になりません。そのため、お掃除も怠りがちになります。しかし、お掃除を放置すると、汚れはどんどん蓄積されますし、その汚れをエサに黒カビもどんどん繁殖します。

そうなると、毎日の手洗いやうがい、飲食の際に、知らずに知らずに黒カビで汚染された水を体内に取り込んでしまうリスクが増大します。

 もし、これまで蛇口のお掃除を怠っていたのであれば、一刻も早くお掃除を始めましょう。 

■蛇口のお掃除方法について

 蛇口に付着した汚れは、重曹とクエン酸を使うと、比較的簡単に落すことができます。

水垢や手垢や皮脂などの汚れは、アルカリ性の性質を持つ汚れなので、酸性の性質をもつクエン酸で中和すると、落としやすくなります。クエン酸の代わりにお酢を使ってもOKです。黒カビは、酸性の性質をもつ汚れなので、アルカリ性の性質を重曹がよく効きます。

 お掃除の手順は以下の通りです。

1.重曹とクエン酸でペーストを作る

重曹100グラムにクエン酸小さじ1を混ぜ、少量の水を加えてペースト状にします。反応して発泡しますが、心配は要りません。

2.蛇口全体にペーストを塗り込む

汚れがひどい場合は、上からキッチンペーパーをかぶせ、さらにラップで覆い、数分放置しましょう。

3.汚れを落とす

歯ブラシを使って汚れを落とします。汚れが中和されているので落ちやすいです。

あとは.お湯でよくすすいだあと、乾いた布などで水気をよく拭き取り、しっかりと乾燥させればお掃除は完了です。 

 ■蛇口に付いた水滴はこまめに拭き取ろう!

水を使用した後に、乾いた布などで、蛇口についた水滴を拭き取るようにしましょう。このひと手間を加えるだけで、蛇口の水垢汚れとカビの発生を大幅に抑えることができますよ。 

結果的に、蛇口のお掃除の頻度も下げることができるため、普段からの習慣として身につけてしまいましょう。

  

おわりに

  黒カビは、毒性そのものは強くありません。しかし、体内に入れてしまうと、場合によっては、お腹を壊したり、アレルギー疾患や喘息を発症したりする怖れもあります。やはりご家族の健康を考え、蛇口も忘れずに掃除し、常に清潔な状態をキープしておきましょう。

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事