水垢にはやっぱり酸が効く!浴槽のお掃除テクニック

こまめに浴槽をお掃除しても、どうしてもできてしまうのが水垢です。しかも、水垢は、放置すればするほど落としにくくなります。そこで今回は、浴槽のお掃除テクニックのひとつとして、ぜひ押さえておいていただきたい、水垢汚れをスッキリ落とす方法をご紹介します。

■そもそも水垢の正体とは?

水垢の正体は、水道水に含まれるミネラル分(カルシウムやマグネシウムなど)が、乾燥して白く固まったものです。例えば、浴槽に付着した水滴をそのまま放置すると、水分は蒸発しますが、ミネラル分はそのまま水垢となって残ります。

水垢は、できてすぐの場合は、メラミンスポンジなどでこするだけで、比較的簡単に落とせます。しかし、時間が経てば経つほど凝り固まってガンコな汚れになってしまうため落とすのも大変になります。

また水垢は放置されている間に、そこに石鹸カスや皮脂などの汚れが混じってしまう場合も少なくありません。そうなると、落とすのがますます大変になるので要注意です。

■浴槽の頑固な水垢を落とす方法

水垢の汚れは、アルカリ性の汚れに分類されます。そのため、浴室用の中性洗剤では落としにくく、それらの洗剤で、たとえこまめに浴槽を掃除しても、どうしても残るため、頑固な水垢と化してしまうのです。

 頑固になった水垢は、酸性の性質を持つクエン酸を使うと、汚れが中和させてほぐされるため、落としやすいです。

 お掃除方法は、まず、スプレー容器に、水1カップ(200ml)とクエン酸小さじ1(5g)を入れてクエン酸水を作ります。そのクエン酸水を水垢に直接スプレーして、しばらく放置した後、スポンジ等でこすり落とせばOKです。

もし、それでも落ちない場合は、水垢にクエン酸水をスプレーした後、上からキッチンペーパー貼って、そのまま30分ほど放置した後、ペーパーを外し、スポンジ等でよくこするという方法をお試しになってみてください。

  

■水垢と皮脂が混ざった汚れの場合

 アルカリ性の汚れである水垢に、酸性の汚れである皮脂が混ざってしまっている場合は、クエン酸水をスプレーするだけでは落としにくいです。その場合は、クエン酸水と重曹を組み合わせた方法が効果的です。手順は以下の通りです。

1.浴槽(残り湯のある状態)に、重曹の粉末1カップ(200g)を投入後、一晩放置する

2浴槽の水を抜いた後、クエン酸水を浴槽全体にスプレーする

3スポンジなどでこすって汚れを落とす.

4.水でよくすすいだのち水気を拭き取る

以上でお掃除は完了です。

あとは浴室全体を換気して、よく乾燥させておきましょう。

 

おわりに

 浴槽の水垢を防いで、掃除をなるべく簡単に済ませるためには、やはり、浴槽に付着した水滴を残さないように心がけることが最も重要なポイントになるようです。浴槽のお湯をはりっぱなしにしない、浴槽のお湯を抜いたときにサッと一拭きして水滴を取り除いておく、などを心がけましょう。

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事