怖〜い!家の掃除方法が健康に影響するってホント?

 普段、特に意識せずに行っている家の掃除ですが、実は、健康と深く関わりがあるようです。もし、間違った方法でお掃除を続けていると、知らずに汚れを撒き散らすことになり、結果的に健康に悪影響を及ぼす心配も。そこで今回は、家の掃除で、よくある間違いと、注意点についてご紹介します。

 ■そもそも家の掃除の役割とは?

そもそも家の掃除の役割とは、ずばり、病気の原因となる家の汚れ(ハウスダスト)を除去し、家の中を清潔な状態に保つことです。

ただし、ハウスダストには、目に見えるものと目に見えないものがあります。目に見えるものとしては、ホコリ、髪の毛やフケ、ペットの毛、食べこぼしなどがあります。目に見えないものには、カビの胞子、ダニ及び、ダニのがいやフン花粉などがあります。

そして、これらの目に見えないハウスダストこそが、呼吸や皮膚を通って、体内に侵入し、様々な病気を引き起こす元凶といえるようです。

家の掃除方法を間違っていると、この目に見えないハウスダストを除去できないだけでなく、逆に家中に撒き散らしてしまうことになりかねないので要注意です。ただ目に見える汚れをキレイにするだけでは、必ずしも本当の意味での掃除の役割を果たしたとは言い切れず、安心できない、ということですね。

 

■一番よくある間違いは掃除機のかけ方

大半のご家庭では、家の掃除に掃除機を使用されていることでしょう。しかし、この掃除機のかけ方が間違っていると、掃除機を動かす先々に、ハウスダストを撒きちらすことになる怖れがあるため、気をつけましょう。以下が掃除機のかけ方としてよくある間違いです。

1.エアコンをかけながら掃除機をかけている

エアコンの送風により、ハウスダストを舞い上がらせて、結果的に汚れを拡散してしまいます。

 2.窓を閉めたまま換気せずに掃除機をかけている

掃除機をかける時は、2か所以上の窓を開けて、空気の通り道を作る必要があります。これは、掃除機や人が動くたびに舞い上がるハウスダストを外に追い出すためです。排気がクリーンな掃除機であっても換気は行いましょう。 

3.はたきをかけずに掃除機をかけている

掃除機をかける前には、はたきでホコリを落としておく必要があります。はたきは高いところから順番に低い所に向かってかけていきます。その際、マスクの着用もお忘れなく。カーテンやブラインド、窓枠、電球のかさ、エアコンなどはホコリがたまりやすいので念入りに落としましょう。

4.効果の薄い時間帯に掃除機をかけている

目に見えないハウスダストは、人の動きがない夜中や外出中に下に落ちてたまっていきます。ですから、掃除機をかけるのは、人の動きのすくない朝一番か、帰宅後すぐが最も効果的です。人の動きの多い時間帯に掃除機をかけても、効果が得にくくなるようです。

 5.フローリングに掃除機をかけている

フローリングは、掃除機をかけるよりも、モップがけが適しているようです。掃除機をかける場合も、いきなり掃除機をかけずに、モップでホコリを取り除いておく必要があります。 

 

おわりに

家の掃除は、掃除機のかけ方に気を付けるだけで、ハウスダストの拡散を防ぐことができるため、健康への影響も格段に違ってくるようです。もし、間違った方法に心当たりのある場合は、これを機に正しい方法に修正していただければと思います。

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事