デザインよりも機能面を重視! 子供部屋に最適な照明器具の選び方

子供部屋の照明器具は、ついついデザインを優先して選ぶことになりがちです。確かにデザイン性も重要ですが、機能面に目を向けず、ただ単にデザインのよしあしだけで照明器具を選ぶと、お子さんの成長にとって様々なリスクが生じる怖れも。そこで今回は、子供部屋に最適庵照明器具の選び方をご紹介します。

 ■子供部屋全体を照明で均一に明るくできるかどうか?

お子さんの視力のことを考えると、子供部屋の照明器具を選ぶ際に最もこだわるべきは明るさの均一性です。これは、成長過程にあるお子さんが、大人よりもはるかに光の影響を受けやすいためのようです。特に、子供部屋の中で、明るい場所と暗い場所の差が大きすぎると、お子さんの視力低下を招きやすくなるので要注意です。 

子供部屋のどの場所にお子さんがいても、影ができず、同じ明るさの光が届けられるシーリングライトが適しています。

デザイン性に富んだものが多いペンダントライトは、どうしても明るさが部分的になるため、子供部屋の照明器具としては、あまり適していないようです。ライトの数を増やせば、明るさを均一にすることが可能ですが、その分、光熱費がかさみますし、光の調整がしづらい点が難点といえるでしょう。

 

■照明器具で明るさや色調の調節ができるかどうか?

子供部屋の照明器具は、明るければそれでよいというわけではありません。照明は明るすぎても暗すぎても、お子さんの目に悪影響を及ぼす心配が出てきます。明るさを段階的に調整できるタイプを選ぶようにされるとよいでしょう。

また、子供部屋の照明の色調は、起床時や勉強中は、スッキリとした明るさのある昼白色が適しています。しかし、就寝前は、お子さんが眠りの体勢に入りやすくなるオレンジ系の柔らかい色調の電球色が望ましいです。そのため、色調も切り替えることができるかどうかをチェックされることをお忘れなく。

 

■照明器具が安全であるかどうか?

子供部屋の照明器具を選ぶ際には、安全性を重視して選ぶこともとても重要です。万が一のことを想定して、破損する怖れがないものを選びましょう。例えば、電球がむき出しになっている照明器具や、ランプを覆うシェードが、ガラス製の照明器具は、破損のリスクが高いため避けるようにしまよう。

シェードは、アクリル製やプラスチック製のものを選ぶと安心です。

さらに、白熱ランプやハロゲンランプは、高温になるため、取り扱いを誤ると、火傷や火災のリスクも生じます。特に、直接手で触れる怖れのあるスタンドやフロアライトには、避けた方が賢明です。

おわりに

 もちろん、子供部屋の照明器具としては、お子さん自身に喜んでもらえるような、デザインのものを選ぶことも大切です。照明器具を取り扱っているメーカーの公式サイトには、無料で子供部屋の照明器具の理想的なプランが作成できるツールが用意されているところも多いので、そのようなツールを利用されてみてもよいかもしれませんね。

 

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事