選ぶならどっち?掃除機はサイクロン式VS紙パック式

掃除機はサイクロン式と紙パック式の2タイプに大別できます。買い替えを検討する際に、どちらを選べばよいのでしょうか?そこで今回は、比較検討材料として、サイクロン式と紙パック式の違い、およびそれぞれのメリットとデメリットについてご紹介します。

 ■掃除機サイクロン式と紙パック式の違いとは?

サイクロン式と紙パック式の最も大きな違いは、ゴミの扱いです。サイクロン式は、ダストボックスにゴミを集めて、基本的に、使用後にゴミを捨てることになります。紙パック式は、紙パックにゴミを集めて、紙パックがいっぱいになったら新しい紙パックと交換する必要があります。

この違いは、サイクロン式と紙パック式のそれぞれのメリットとデメリットに大きく関わってきます。

 さらに吸引力についても違いがあります。機種にもよりますが、一般的に紙パック式の方が、吸引力が大きい傾向にあります。しかし、紙パック式は、ゴミがいっぱいになると吸引力が低下します。これに対してサイクロン式は、こまめにゴミを捨てることができるので、吸引力が低下しにくいです。

吸引力が大きいと、その分、消費電力も高くなるため、紙パック式の方がサイクロン式に比べ電気代も高くなると考えられます。

 

■掃除機サイクロン式のメリットとデメリット

メリット

1.使用する度にダストボックスに集まったゴミを捨てれば、吸引力を持続できる

2.紙パック代の節約になる

3.吸引した空気がゴミを通らないので排気がクリーン

4.ゴミの量がわかるため「お掃除できた」という達成感が得られる

 デメリット

1.小まめにゴミを捨てなければならない

2.ダストボックスとフィルターのお手入れが必要

3.ゴミを捨てる際にゴミが見えてしまうためゴミの内容によってはて不快になる場合もある

 

■掃除機紙パック式のメリットとデメリット

メリット

1.フィルターのお手入れが不要

2.紙パックごと捨てられるので中身を見なくてすむ

3.紙パックがいっぱいになるまでゴミ捨て不要.

 デメリット

1.吸引した空気がゴミを通るので排気が非衛生的(換気が必要)

2.紙パック代が必要

 

■ではいったいどちらを選べばいいの?

どちらを選べないいのかについては、サイクロン式と紙パック式のそれぞれのメリットとデメリットの中で、もっともどれを重視したいかで異なってきます。 

例えば、ゴミ捨てやお手入れが楽なことにメリットを強く感じる場合は、紙パック式が適していますし、吸引力を持続させたい場合は、サイクロン式が適しているといえるでしょう。

また、小さなお子さんがいるご家庭や、ペットを室内で飼われているご家庭などは、排気がクリーンで、こまめにゴミを捨てられて吸引力が持続するサイクロン式をおすすめします。

 

おわりに

掃除機はサイクロン式と紙パック式の違いはいかがでしたか? 双方のメリットデメリットに加え、持ち運びやすさ、使い勝手のよさ、収納しやすさ、ノズルのバリエションなどについても押さえておきたいところです。

家事代行マッチングプラットフォームタスカジ求人

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?


 ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!


調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。

最高時給2,100円!週2日で月15万以上も可能です。

自分のペースで好きな時給で働けて、共働き家族の頼れる家事パートナーとして感謝して感謝される仕事に興味がある方は、説明会も開催されているので、ぜひ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

タスカジとは:タスカジの詳細

運営会社について:株式会社タスカジのHP

 

著者プロフィール

著者アイコン
sion
時短・ゆる家事になるために、日常の暮らしを工夫しています。掃除、洗濯が得意分野で人には今さら聞けない家事の仕方、時短になる方法を中心に記事化しています。美味しいものが好きなので、最近は時短料理も研究中。

関連記事